院長の休日

助っ人、たくさんいるよ

 平成28年3月24日(木)朝日新聞朝刊、
 ひとときへの投稿です。
 助っ人、たくさんいるよ
 暖かいある日、ぶらりと外出してサラダバイキングの店に入った。すると赤ちゃんの大きな泣き声。店の隅の方で若いお母さんがひざの上で赤ちゃんをあやし、困っている様子だ。テーブルには、手の付いていない食べ物。
 助けてあげたい――。見知らぬ年寄りの助けを受けてくれるか悩んだ。でも泣き声はますます強く、周りの視線も強くなっている。
 勇気を出して「赤ちゃん、少し預かりますから食べて」と言ってみた。「いいんですか」。お母さんは私に赤ちゃんを託してくれた。泣く赤ちゃんを抱いて店の中を歩き回ったら、数分後に私の腕の中でスヤスヤと寝入った。お母さんのところへ戻り、乳母車の中にそっと寝かせた。
 「寝ぐずりだったのね。もうゆっくり食事して大丈夫よ」と言うと、彼女は「助かりました。私も泣きたいほど困っていました。2人での初めての外出で、助けてくださる方がいるなんて。また出かける勇気が出ました」と深々と頭を下げてくれた。
 赤ちゃんは生後3カ月とのこと。新米お母さん、がんばって。助っ人役になりたいと待っている人は、たくさんいるのよ。
 (埼玉県所沢市 鈴木栄子 無職 78歳)
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 休診日に朝刊を読んでいて、
 ほっこりする投稿を見つけました。
 埼玉県所沢市の鈴木栄子様、
 きっと、しゃきっとしてらして、
 素敵なご婦人です。
 助けてあげたい――。
 見知らぬ年寄りの助けを受けてくれるか悩んだ。
 でも泣き声はますます強く、周りの視線も強くなっている。

      ■         ■
 かっこいいです。
 勇気を出して
 「赤ちゃん、少し預かりますから食べて
 と言ってみた。
 「いいんですか」。

 情景が目に浮かぶようです。
 若いお母さんがどんなに嬉しかったことか。
      ■         ■
 「助かりました。
 私も泣きたいほど困っていました
 2人での初めての外出で、
 助けてくださる方がいるなんて。
 また出かける勇気が出ました」
 と深々と頭を下げてくれた。

 若いお母さんも素直な方です。
      ■         ■
 こんな風景が、
 そこら中で見られるようになったら、
 悲惨な乳幼児の虐待も減るのでは? 
 …とちょっと考えました。
 子育ては大変です
 でも一生で一番かわいい時期です。
 新米お母さん、がんばって
 私も応援しています。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ