昔の記憶

母親の職歴

 昨日の院長日記、
 不動産鑑定士にお会いしましたに、
 さくらんぼさんからコメントをいただきました
 保険の仕事はお聞きした事がありましたが、
 不動産鑑定士でのコピーとりの仕事が役にたちましたね。

 そうなんです、
 日本でも有名な不動産鑑定士の先生が、
 開口一番に、
 お久しぶりです。
 お母さんお元気ですか

 と言っていただきました。
 ありがたいお言葉です。
      ■         ■
 私の母親は、
 40歳を過ぎてから、
 家計を助けるために、
 働いていました。
 今から考えると、
 私と弟の教育費が大変だったと思います
 本間家は先祖代々の資産があるような、
 裕福な家庭ではありません。
 サラリーマンの薬剤師でした。
      ■         ■
 私の学生時代
 2008年6月11日の院長日記です。
 私は1970年4月から札幌に住んでいます。
 その年に、札幌西高校へ入学しました。
 当時は大学区制で入学定員の3%程度までは、
 北海道のどこからでも札幌の高校へ進学できました。
 一番難しかったのが、
 札幌南高校
 昔は札幌一中(いっちゅう)と呼ばれていました。
 その次が、
 札幌北高校、昔の庁立高等女学校です。
 札幌西高校は、おおよそ3番目でした
 昔の札幌二中(にちゅう)でした。
      ■         ■
 私の父方の祖母が住んでいた、
 琴似八軒(後の西区八軒)から、
 一番通いやすかったのも選んだ理由の一つです。
 西高は自由な雰囲気が売りでした。
 自分の学力と相談して、
 札幌南は無理でした。
 無理のないところが札幌西でした。
      ■         ■
 大夕張に父親を一人残して、
 母親、私、弟の3人が札幌へ来ました。
 今から思えば、父親には悪いことをしました。
 父親は、月に1~2回、
 バスで札幌へ来ました。
 自家用車もありませんでした。
 バスの運賃が、片道1,080円程度だったと記憶してます。
      ■         ■
 お金がないので、
 母親は、八軒にあった森永製菓の工場へ、
 パートで働きに出ました。
 エンゼルパイというお菓子を作っていました。
 たまに、できそこないで廃棄処分にされるお菓子を、
 こっそり持って帰ってくれて、
 それを食べるのが楽しみでした。

 ところが、
 不況で森永製菓の工場をリストラされました。
      ■         ■
 母親の職歴は、
 森永製菓のお菓子工場のパート(不況でリストラ)→
 生命保険の外交員→
 財形貯蓄の勧誘員という、
 仕事をしながら、生活費を稼いでくれました。

 その後で働いたのが、
 公益社団法人北海道不動産鑑定士協会でした。
      ■         ■
 そこは、
 将来年金をもらえるように、
 …と言って働いていたように記憶しています。
 私たち息子2人が独立してからも、
 鑑定協会で働いていました。
 そこでたくさんの人脈を築きました。
 88歳になった今でも、
 ネットで株価を見ながら
 株取引をしているのは、
 その当時に教えていただいたからです。
      ■         ■
 定年があったかどうかわかりませんが、
 60歳頃まで鑑定協会で働いていました。
 そのおかげで、
 厚生年金がもらえるようになったと喜んでいました。
 父親が亡くなって、
 お一人様になりましたが、
 食べて行ける分くらいはあるようです。
 マンションで、
 私の院長日記を読んでいると思います

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ