二重・眼瞼下垂

手術後の腫れとアレルギー

 北海道は秋です。
 札幌市内でも紅葉がはじまっています。
 私の通勤路にある、
 桜やナナカマドの葉が赤くなってきました。
 毎朝暖房を入れても、
 奥さんに怒られなくなりました
 10月中旬になると暖房を入れます。
      ■         ■
 北海道には味覚の秋もあります。
 今年は不漁だと言われていますが、
 旬の味にいくらがあります。
 サザエさんのいくらちゃんです。
 回転寿司では年中いくらがありますが、
 秋のイクラは美味しいです。
 鮭の魚卵です。
      ■         ■
 美味しいいくらですが、
 世の中には、
 いくらアレルギーの人がいます。
 お弁当に数粒入っていただけで、
 のどがかゆくなります。
 大量に食べると呼吸困難になる恐れがあります。
 食物アレルギーはこわいです
      ■         ■
 前置きが長くなりました。
 メール相談で、
 手術後の腫れがとれない
 傷ががたがた
 数ヵ月間ずっと違和感がある
 ずっと痛みがある

 …こんな相談を受けることがあります。
      ■         ■
 札幌美容形成外科で眼瞼下垂症手術をした患者さんから、
 わたし、いつになったら
 先生みたいな傷になるんですか
 
 …こんな患者さんが今までに数人いらっしゃいます。
 頻度としては1%以下だと思います。
 原因はアレルギーです。
 アレルギーを治す軟膏で、
 かぶれる人がいます
      ■         ■
 札幌美容形成外科で多い小陰唇縮小手術
 手術後に確認してから帰宅していただきます。
 それでも、
 一年にお一人くらいは、
 手術後にかぶれる人がいらっしゃいます
 年齢や職業は関係ありません。
 もともとかぶれやすい人は、
 手術後にもかぶれることがあります

      ■         ■
 手術後に通院不要の美容外科ではわかりません。
 軽度のアレルギーは、
 外用剤を替えると治ります。
 何もつけないようにして、
 治る人もいます。
 外用剤ではなく、
 下着や生理用品でかぶれる人がいます。
 女性用に売っている軟膏でかぶれる人がいます。
 治らない腫れを診たら、
 私はアレルギーを疑います

 よく見るとわかります。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ