医学講座

第39回日本美容外科学会(京都)④

 京都で開催された第39回日本美容外科学会
 私はよく学会に参加していますが、
 はじめて学会で落語を聞きました。
 実にいい経験でした。
 招請講演
 ①江戸古典落語 演目「目黒のさんま」
 春雨や落雷
 ②笑いの医療 (笑いと免疫力 、、、 そして健康)
 安部正之先生(元松江赤十字病院形成外科部長)

      ■         ■
 私が知っている安部正之先生は、
 松江赤十字病院形成外科部長でした。
 学会発表を積極的になさっていらっしゃいました。
 安部先生は長崎大学形成外科のご出身です。
 第39回日本美容外科学会会長の出口先生の先輩です。
 出口先生が長崎大学形成外科に入局した時には医局長でした。
 仕事にはとても厳しい先生だったが、
 当時から落語で皆を和ませてくださったと、
 出口先生が紹介されました。
      ■         ■
 春雨や落雷
 日本でただ一人、
 医師免許を持った真打の先生です。
 先生のHPから引用させていただきます。
 平成21年、安部整形外科医院を後進にゆずった後、
 “古典落語”と“いきいき医学講話”の
 二部構成からなる“お達者落語会”を主宰。
 全国各地に出向いて年間100回以上の口演をし、
 “笑って免疫を高め、病気に打ち勝ちましょう”と、
 笑いの不思議な力について面白おかしく語る。

      ■         ■
 とても勉強になりました。
 安部先生のような生き方もあるのだなぁ~
 すごいなぁ~

 正直な感想です。
 講演の最後に、
 会場で全員が起立して、
 笑いの練習をしました。
 一日5回、
 わ~はっはっは
 わ~はっはっは
 わ~はっはっは

 …とお腹から笑うんだそうです。
 やってみると身体がぽかぽかしました
 とてもいい健康法だと思います。
 安部先生と会長の出口先生に感謝しています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ