医学講座

父の死乗り越え歩み始めた君へ

 平成29年6月13日、朝日新聞朝刊、声の欄への投稿です。
 父の死乗り越え歩み始めた君へ
 高校教員 久原弘(山口県 58)
 彼と最初に出会ったのは、私が通信制高校に赴任した年だった。おとなしい1年生で、2年の時に父親を亡くした。病弱な母親と幼い弟を抱え、家計を支えるため毎日のようにコンビニで働いた。
 3年生になると、少しずつ元気になり、立候補して生徒会役員にもなった。そして週1回、片道2時間かけて学校に来て、生徒の相談係だった私と「どんな職業を目指すか」何度も話し合った。働きながら養成学校に通えて、就職がほぼ確実とされる准看護師を、彼は選んだ。
 先月、出張先で再会した。4月に終末期ケアの病院に就職したという。3交代できつい時もあるが、長い人生を生きてきたお年寄りが大好きで、仕事に生きがいを感じる、中古の車も買った、とうれしそうに話す。「頭が下がるよ」と私は言った。心から。20歳を過ぎたばかりの笑顔が、まぶしくたくましく見えた。
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 今日は朝からいいお話しを読ませていただきました。
 毎日コンビニで働きながら
 通信制高校に通い、
 病弱な母親と幼い弟のために、
 家計を支える

 なかなかできることではありません。
      ■         ■
 通信制高校を卒業後に、
 働きながら養成学校に通い、
 准看護師となった。
 お年寄の看護を担当する
 素晴らしいことです。
 20歳の若者が、
 毎日一生懸命働いている姿が、
 目に浮かぶようです。
      ■         ■
 私が医師になった32年前には、
 働きながら准看護師になる道がありました。
 札幌市医師会にも、
 准看護師の学校がありました。
 卒業後に正看護師になる学校もありました。
 働きながら学び資格を取った看護師さん
 何人も知っています。
      ■         ■
 みなさんとても優秀な看護師さんです。
 師長さんとして働いている人もいれば、
 先生の奥さんになった人います。
 看護師になる道はたくさんあります。
 中学校卒業後に、
 高校の衛生看護科に進む道もあれば、
 大学の看護学部もあります。
      ■         ■
 残念なのは、
 どの道を選ぶにしても、
 入学金や授業料が高いことです。
 奨学金をもらっている看護師さんもたくさんいます。
 でも、
 奨学金をもらう前に、
 入学試験や入学金にお金がかかります。
      ■         ■
 准看護師の制度について、
 あれこれ言うつもりはありません。
 コンビニで働きながら高校を卒業する若者でも、
 看護職になれる道がもう少し広ければいいと(私は)思っています。
 20歳の若者がとても輝いて見えます。
 これからも勉強を重ねて、
 より上を目指していただきたいです。
      ■         ■
 投稿者の久原先生と同じ気持ちです。
 頭が下がるよ」と私は言った。
 心から
 20歳を過ぎたばかりの笑顔が、
 まぶしくたくましく見えた。

 朝からいいお話しをありがとうございました。
 私が老人になったら、
 苦労して准看護師になった若者にみていただきたいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ