院長の休日

新幹線_住民説明会2017

 昨夜(2017年9月6日19:00~20:30まで)、
 私が住んでいる地区の、
 北海道新幹線の住民説明会が、
 北海道クリスチャンセンターで開催されました。
 約200人の住民が、
 熱心に説明会に参加しました。
 質疑応答も30分くらい行われました。
      ■         ■
 北海道新幹線事業概要説明会
 主催 独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 北海道新幹線建設局
 共催 札幌市まちづくり政策局 総合交通計画部 新幹線推進室
 場所 北海道クリスチャンセンター 2階ホール

 鉄道・運輸機構 工事第8課長 佐藤一義さん、
 鉄道・運輸機構 用地第1課長 廣江康尋さん、
 札幌市 新幹線推進室 新幹線推進担当課長 二本柳昌哉さん
 …が担当されました。
      ■         ■
 昨夜の説明会と同じ内容の説明会が、
 平成29年9月10日(日)午後3:00~
 同じ場所で開催されます。
 申し込みは不要です。
 入口で住所と年齢を書くだけです。
 聞き逃した方は、
 ぜひ次の日曜日にお聞きになってください。
 質問もできます。
      ■         ■
 説明会の内容は私が、
 新幹線トンネル口は札幌・北6西10
 2017年8月25日の院長日記で書いた通りです。
 私の院長日記を読んでくださった方から、
 『先生の日記で新幹線がここを通ることを知りました』
 …と感謝していただきました。
 今日は昨日の説明会でお聞きしたことを、
 詳しくご説明いたします。
      ■         ■
 北海道新幹線の函館→札幌は、
 総延長211㎞のうち80%がトンネルです。
 札幌駅から出発した新幹線は、
 3%(30パーミル)という、
 新幹線としては異例の急こう配を降りて、
 ちょうどお地蔵さんのあたりで
 長い地下トンネルに入ります。
      ■         ■
 このトンネル(札樽トンネル)は、
 札幌→函館間で2番目に長いトンネルになります。
 つまり、
 札幌駅を出た新幹線は、
 急こう配の線路を降りて、
 ず~っと長いトンネルに入ります。
 逆に札幌に向かう新幹線は、
 まもなく終着札幌です
 …というアナウンスの頃には、
 急こう配のトンネルを上がることになります。
 立って荷物を取ろうとしていると危険です。
      ■         ■
 北海道新幹線の札幌開通は2030年の予定です。
 これから測量をして、
 調査がはじまります。
 残念なことは、
 私が予想していた通りに、
 フジの花さくらが咲く遊歩道は、
 新幹線が通るので無くなってしまいます。
      ■         ■
 もっと困るのが、
 下の図にあるの2ヶ所の道路が、
 新幹線の開通で通れなくなることです。
 片側一車線の道路ですが、
 幼稚園バスが通ったり、
 宅急便のトラックが通ったりします。
 私も毎日利用する道路です。
      ■         ■
 ここはちょうど新幹線が急こう配で、
 札幌駅に上がる途中なので、
 新幹線の上に歩道橋を作ることも、
 新幹線の下に歩行者用通路を作ることも、
 (今のところは)難しいそうです。
 通れなくなるのは困りました。
      ■         ■
 地域住民の方からは、
 工事期間はどのくらいか?
 工事中の騒音はどのくらい?
 新幹線の騒音対策は?
 歩行者用通路はどうなるの?
 工事中の安全対策は?
 たくさんの人や自転車が通っている歩道はどうなるの?

 などなど、たくさんの質問がありました。
 次の日曜日(9月10日)にもう一度説明会があります。
 ぜひ参加なさってください。
 丁寧に説明してくださいます。
 

新幹線開通で通行止となる道路
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ