医学講座

形成外科医になってよかった2018

 今日は2018年1月31日です。
 2018年1月は、
 超多忙でした。
 お正月もクリニックに来て、
 その後も休みなく移転準備です。
 疲れて、
 こんなことならやめればよかった?
 …とふと思うこともありました。
      ■         ■
 そんな忙しい毎日の中で、
 昨日、一人の患者さんが来院してくれました。
 私が北大形成外科でチーフレジデントをしていた、
 30年前以上
 北大病院の6-6病棟で担当させていただた方です。
 とってもかわいい男の子でした。
 お母さんも笑顔で、
 優しい素敵なお母さんでした。
      ■         ■
 手術を担当したのは、
 杉原平樹すぎはらつねき先生でした。
 私は病棟担当医として、
 手術前の検査や、
 手術後のガーゼ交換や処置を担当しました。
 とってもいい子で、
 処置をしても泣きませんでした。
 退院後もご両親から年賀状をいただいていました。
      ■         ■
 昨日はとってもいい子だった、
 その患者さんからお電話をいただきました。
 手術した部位についての相談です。
 北大病院にはずーっとかかってないし、
 紹介状がないと受診できないし、

 私を見つけていらしてくださいました。
 とてもうれしかったです。
 感慨深いものがありました。
      ■         ■
 30年以上経っているのに、
 すぐにわかりました。
 お母さんによく似ていらっしゃいました。
 立派になったねぇ~
 これが私の正直な感想でした。
 患者さんを診察して、
 私が思い出したのが、
 荻野利彦先生でした
      ■         ■
 荻野先生だったら、
 きっと治してくれるだろうなぁ~
 どうやって治すかなぁ~
 腱移行けんいこうかなぁ~
 いろいろ考えながら、
 私が信頼する、
 整形外科の先生をご紹介させていただきました。
 札幌美容形成外科をやめなくてよかったなぁ~
 …と疲れも忘れました。
 子供さんを、
 立派に育ててくださったご両親に感謝しています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ