医学講座

札幌美容形成外科の停電対策2018

 東日本大震災の日、
 2011年3月11日、午後2時46分頃、
 私は50代男性の眼瞼下垂症の手術中でした
 それまでに地震は何度も勤務中に経験していました。
 函館中央病院形成外科の時も、
 JA帯広厚生病院形成外科の時も経験しました。
 手術中の地震は2011年3月11日だけでした。
      ■         ■
 手術中に考えたことです。
 停電したら困る
 無影灯が消えても、
 ライトがあれば縫合ができます。
 停電で電気メスが使えないと血が止められません。
 大きな揺れを感じながら、
 電気が消えないことだけを願っていました。
      ■         ■
 今回の北海道胆振東部地震いぶりとうぶ地震
 もし手術中に停電したら?と考えました。
 クリニックには電子カルテのサーバーと、
 光電話のために、
 無停電電源装置があります
 麻酔器は、
 予備バッテリーがついた機種に買い替えました。
      ■         ■
 困るのが電気メスです
 予備バッテリーがついた機種はないと思います。
 無影灯も困ります。
 手術中の停電に備えて、
 発電機を注文しました。
 注文が殺到しているのか?
 納期は10月以降のようです。
 カセットガスボンベで発電するタイプです。
 札幌美容形成外科の手術はせいぜい2時間なので、
 この発電機で何とかしようと思っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ