医学講座

私の形成外科への思いです

 保険でも見た目を重視するのが形成外科です
 …のつづきです。
 私は美容外科医より、
 形成外科医として長く手術をしていました。
 今でも形成外科の手術は好きですし、
 日本形成外科学会に出席して勉強しています。
      ■         ■
 残念なことですが、
 今の保険医療制度では、
 形成外科はもうかりません
 どんなに丁寧に手術をしても、
 手術点数は同じです。
 早くぱっぱと手術をする
 …ともうかります。
 一日に何件も手術をするともうかります。
      ■         ■
 大学病院に勤務する形成外科医は、
 夜間や休日に、
 老人病院の当直のアルバイトに行く先生も多いです。
 私もかつては、
 函館の病院に行って、
 当直室でよく英文論文を書いていました
 その病院への出張は好きでした。
 形成外科医として褥瘡の処置などをしていました。
      ■         ■
 今は有名になった整形外科も、
 昔は苦労されたと大先輩に教えてもらいました
 整形外科と骨接ぎとの違いがわかってもらえなくて、
 外科の片隅で細々と診療をなさったそうです。
 ギプスの石膏で汚くなると、
 嫌われたこともあったそうです。
 そんな整形外科が今は日本中で大繁盛しています。
      ■         ■
 整形外科が繁盛した理由は、
 いい治療をしたからだと思います。
 骨折を手術したり、
 関節の痛みをとったり、
 整形外科にかかるとよくなるので、
 患者さんが増えました。
 形成外科はまだまだ無名です
 美容整形とよく間違えられます。
      ■         ■
 私の形成外科への思いは、
 形成外科医が、
 形成外科の保険診療だけで食べて行けることです。
 老人病院の当直にアルバイトに行かなくても、
 ちゃんと家族を養えることです。
 だから、
 保険診療の手術だから、
 理想の目になれない

 …とは言いません。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ