医学講座

18歳が望む学校の性教育

 昨日の院長日記、
 学校での性教育「役に立たず」4割超
 …の続きです。
 日本財団HPに調査結果が載っていました
 とても切実な18歳の声がたくさん書いてありました。
 私は一人の医師として、
 性教育の充実を強く訴えます。
      ■         ■
 学校での性教育にあったら良いと思う内容「自由回答集」】
 避妊の必要性・性病の危険性

・オナニーのやり方、セックスや避妊のやり方と重要性、性行為全体の危険性と必要性(男性)
・避妊せずにセックスしてしまった場合に起きてしまう、事例を何ひとつ包み隠さず伝える。(女性)
・避妊の重要性をもっと説明してほしい(女性)
・避妊具の正しい使用方法の講習(男性)
・ちゃんとSEXがどのような行為か教えた方がいい、その時にちゃんとゴムをつけて避妊することを覚えさせる(学生だから)(女性)
・もっと性行為というものに危機感を持てるようにした方がいいと思いました(男性)
・レイプする男性がいること露出魔がいること無知なので知りたかった(女性)
・援助交際、未成年淫行について詳しく記載してほしい。(男性)
・危険性についてもっと教えるべき。性教育を学ぶことは恥ずかしいことではないという教育が欲しい。(女性)
・習うことが同じすぎて知識が増えない。性病に関してもっと学ぶべき。(男性)
・性教育といっても、女性と男性それぞれの性器の名前を教わったり月経の事を学んだだけで、避妊しないと妊娠するだとか、避妊しても妊娠するとか割と大事な情報を教えてもらっていない。男女分かれて保健体育の授業を受けて男子には男性の先生、女子には女性の先生だったにも関わらず、軽く学んだだけだった(女性)
・性病の危険性や避妊の重要性についてをもっと重点的にやるべきだと思う。(男性)
 より具体的な内容
・もっと具体的に学びたい(男性)
・もっと踏み込んでよい、男女分けてるところもあるらしいのでそれを無くす(男性)
・遠回しに説明するのではなく、ちゃんと説明して欲しかった(女性)
・具体性がない。(特に小学校)日本は他国と比べて保健体育の授業内容が足りてない。小学校の時に少し習ったが、結局自分で調べて知るまで何も分からなかった。(男性)
・具体的なsexのやり方を教えないといけないと思う間違った知識で望まない妊娠をする女性が増えている1つの理由は学校の性教育の曖昧さがあると確信している(男性)
・実際の性行為の仕方(男性)
・実体験の話や子供が性についての事柄を軽々しく思わなくなる話(男性)
・性行為=マイナスイメージというのを払拭したい。(男性)
・性的知識が全くないのでもう少し教えてくれてもいいと思います。(女性)
・濁すように教えることが非常に多く感じたので、どのような行為なのかをはっきりと、コンドームなどの実物を実際に見せて教えてあげてほしい。(女性)
 男女の体の仕組みについて
・もっと女性の生理の仕組みや男女の身体的な痛みや悩みについて学ぶ機会がほしい。(女性)
・やり方や体の仕組みより相手のことを尊重して人を想うことの学習が大事だと思う。(男性)
・女性の生理や妊娠に関して、デリケートな問題ではあるが男性に十分な知識(特に痛みや症状など)を与えるのも重要な性教育であると思います。また、その逆に男性の勃起などについて(車や電車の振動で勃起することがあることなど)も女性にある程度は知っていただきたい。今の日本の性教育では、男女が互いのそれらに理解がなさすぎます。(男性)
・生理についてもう少し詳しく教えてもらいたかった。(生理不順についてやおりものの性状など)(女性)
・男女が別々の事を習い、異性のことを全く知らないのではなく、ある程度は異性の変化なども知るべきだと思う(女性)
      ■         ■
 18歳の切実な声です。
 64歳の医師として、
 ぜひ有識者に読んでいただきたいです。
 中学や高校の保健体育で教えてほしいです。
 子どもたちはしっかり聞くと思います。
 不幸な性病や望まない妊娠を防ぐには、
 性教育が大切です。
      ■         ■
 ちゃんとした性教育をしないと、
 子どもたちはネットで検索します。
 ネットにはうそが書いてあります。
 変なサイトを見て、
 高額の請求が来ることもあります。
 親に聞けないことでも、
 学校で友だちといっしょなら安心です。
 私は男女同じ内容を、
 同じ教室で聞くのがいいと思います。
 先生が恥ずかしがっていてはダメです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ