医学講座

強い冬型、交通機関の乱れに注意2018

 今日は2018年12月27日(木)です。
 毎週木曜日が休診日の札幌美容形成外科は、
 年末だけ木曜日も診療をしています。
 お正月前に手術を希望する患者さんのためです。
 12月30日まで手術をしています。
 心配なのがお天気です。
      ■         ■ 
 2018年12月27日(木)Yahoo!ニュースです。
 強い冬型 年末帰省は交通機関の乱れに注意 荒天は30日にかけて
 きょう27日(木)から日本付近は冬型の気圧配置が強まり、この冬一番の寒気が流れ込む予想だ。30日(日)頃にかけて、北日本から東日本の日本海側を中心に暴風雪や高波、大雪による交通障害などに警戒が必要となる。
 北海道の日本海側では27日朝にかけて、北陸地方や東北日本海側では28日(金)にかけて、雪を伴った非常に強い風が吹き、猛ふぶきとなる所がありそうだ。また、北陸地方と東北日本海側では28日には大しけとなり、その他の地域でも北日本から西日本の広い範囲で海上はしける予想だ。
 28日にかけて予想される最大瞬間風速は、北海道と北陸、伊豆諸島で30メートル、28日にかけて予想される波の高さは、東北日本海側と北陸で6メートル。
 北日本から東日本の日本海側を中心に、暴風雪や猛ふぶき、高波、吹きだまりによる交通障害に警戒が必要となる。
 29日(土)頃にかけて、北陸地方や東北日本海側では引き続き大荒れとなり、大しけとなるおそれがある。暴風雪や暴風、高波に警戒が必要だ。
 27日から30日頃にかけて、北陸から北日本の日本海側を中心に所により大雪となる見込み。また、東日本から西日本でも山地を中心に大雪となるおそれがある。
 年末の帰省ラッシュに重なる時期でもあり、大雪による交通障害への警戒、なだれや着雪に注意が必要だ。


 

(以上、Yahoo!ニュースより引用)

      ■         ■
 年末に強烈寒波の予報2018
 2018年12月25日の院長日記に書いた、
 強烈な寒波がやってきました。
 天気予報の進歩はすごいと思います。
 ある意味、形成外科の進歩よりすごいです。
 私たちは技術が進歩しても、
 最後の縫合は手縫いです。
      ■         ■
 私が心配しているのが、
 北海道各地から、
 抜糸にいらしてくださる患者さんです。
 札幌美容形成外科の診療圏は北海道全域です。
 北は稚内や利尻からの患者さんも来院されます。
 道北の形成外科をご紹介することもありますが、
 稚内からは高速バスで札幌へ来るのが便利だそうです。
      ■         ■
 悪天候で手術がキャンセルになるのは仕方がないことですが、
 抜糸だけはずらせません。
 せいぜい数日ずらす程度です。
 年末に抜糸予定の患者さんが、
 無事に来院できることを祈っています。
 山形にも大雪が来ないことを祈っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ