医学講座

二重と隆鼻で飯が食えた時代

 世界における隆鼻術の歴史
 …の続きです。
 ひと昔前の美容整形の時代は、
 二重と隆鼻ができれば、
 十分にやっていけたそうです。
 美容整形といえば、
 目と鼻でした。
      ■         ■
 今は骨を切る手術もあれば、
 頭蓋骨に人工骨をくっつけて、
 おでこの骨をまるくする手術もあります。
 時代は変わったものです。
 アジア人の美容外科手術は、
 日本が発祥の地です。
 日本人が考えた手術法がアジアに広まっています。
      ■         ■
 埋没法の歴史
 2013年11月15日の院長日記です。
 埋没法は歴史のある手術です。
 札幌美容形成外科HPに記載したように
 古く1920年代に日本で考えられました。
 もともと眼科の睫毛内反症さかさまつげ手術の応用です。
 1920年というと…
 今から100年近く前になります。
      ■         ■
 埋没法の歴史に詳しいのは、
 サフォクリニックの白壁征夫先生です。
 英文論文を書かれています。 
 埋没法が普及したのは…
 ナイロン糸の発明が大きいです。
 終戦後に女性のストッキングが普及したのと同じです。
      ■         ■
 戦後、景気回復とともに…
 東京の十仁美容整形で、
 二重手術が行われたそうです。
 当時は厳重な企業秘密
 手術に入れるのは限られた先生だけ、
 若い先生は手術室ナースから秘中の技を聞いて覚えたそうです。
 問題だったのが固定に使う糸。
 今のように異物反応が少ない糸がありませんでした。

      ■         ■
 埋没法で二重にできない目
 …もあります。
 私が一番多く手術をしているのが、
 眼瞼下垂症手術です。
 自分も手術を受けました
 埋没法では、
 黒目が大きく出て、
 まつ毛が上向きにならない人がいます。
 ぎょうざの皮のように薄い、
 挙筋腱膜という膜を引っ張る手術をします。
      ■         ■
 二重の手術が進歩したように、
 隆鼻の手術も変わりました。
 昔は象牙を使っていた時代もありました。
 私は象牙は一度しか見たことがありません。
 変形していました。
 今でも使われているのが、
 シリコンプロテーゼです。
 私は適応を選べばいい方法だと思っています。
      ■         ■
 眼瞼下垂症手術は簡単な手術ではありません。
 私が手術をさせていただいても、
 左右差、
 再発、
 腫れがとれない、
 …などのトラブルになることがあります。
 できるだけ満足度の高い手術を目指して、
 日々考えながら手術をしています。
      ■         ■
 隆鼻の手術は、
 もともと耳鼻科の先生が担当していました。
 病気の鼻中隔の手術を、
 耳鼻科の先生がしても、
 不満足な結果になることがあります。
 鼻は難しいです。
 ちょっとでも鼻の粘膜が腫れると、
 鼻閉鼻づまりになります。
 なんちゃって医には無理です。
 鼻の専門家、
 耳鼻科医が手術をしても難しいので、
 私は鼻中隔の手術はしていません。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ