医学講座

フィブラストスプレーと軟膏

 痛くないやけど治療①
 痛くないやけど治療②
 痛くないやけど治療③
 痛くないやけど治療④
 痛くないやけど治療⑤
 5回連載した痛くないやけど治療
 …のまとめです。
      ■         ■
 熱傷治療ガイドラインには書いていない、
 エビデンスがない本間仮説です。
 2019年5月30日の時点で私が考える治療法です。
 熱湯などで、
 深いやけどをしたら、
 すぐにフィブラストスプレーです。
 フィブラストスプレーを常備しているクリニックを探してください。
      ■         ■
 水疱膜は破らずに、
 フィブラストスプレーを噴霧して、
 その上から、
 バラマイシン軟膏と、
 フシジンレオ軟膏を、
 1:1に混合した軟膏を塗布します
 軟膏は厚めにします。
      ■         ■
 軟膏を塗った上は、
 医療用のフイルム材を使います。
 オプサイトという商品名の製品を選びます。
 滅菌していない、
 ロールタイプの製品が使いやすいです。
 他の製品でも構いません。
 軟膏を塗ったままだとべとべとになるからです。
      ■         ■
 毎日の処置は、
 生理的食塩水で洗い流します。
 ちょっと痛いですが、
 フィブラストスプレーを、
 シュっとして、
 その上から軟膏を塗ります。
 そうすると痛くないです。
 少しずつキズが治ってきます。
      ■         ■
 やけどの部位からにおいがしたり、
 赤くなったり、
 痛みが増強した時には、
 感染を疑います。
 抗生物質を投与します。
 小範囲のやけどでしたら、
 入院せずに、
 フィブラストスプレーと軟膏で治療できます。
 これが私のおすすめです。
 エビデンスはありません。
 経験だけです。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ