わきが

わきが治療と麻酔

 わきが手術の麻酔
 2006年12月10日に書いた院長日記です。
 私は昔から『自分が開業する時は札幌駅前で開業して、わきが手術は保険でする』と北大形成外科の同僚に言っていました。2年前に開業し、私の考えていた通りにたくさんの患者様にいらしていただいています。
 形成外科勤務医をしていた頃は、一年間にせいぜい20例のわきが手術をする程度でした。大手美容外科の院長になって、今まで一年間にした数が一ヵ月以内になりました。自分で開業してからはもっと数が増えました。

      ■         ■
 そう言えば、
 JA帯広厚生病院に勤務していた頃に、
 そんなことを言ってました。
 札幌駅前で開業はできませんでしたが、
 保険診療にこだわって手術をしています。
 わきが手術は、
 麻酔なしではできません。
      ■         ■
 私がJA帯広厚生病院や市立札幌病院に勤務していた頃は、
 入院して全身麻酔で手術をしていました。
 中央クリニック札幌院に勤務していた時は、
 局所麻酔で手術をしていました。
 広範囲に麻酔をするので大変でした。
 手を握る係がいて、
 がんばってください
 …と患者さんを励ましてくれました。
      ■         ■
 わきが治療は皮下のアポクリン腺を破壊する治療です。
 ミラドライも、
 レーザーも、
 手術も麻酔が必要です。
 麻酔は、
 手術ミラドライレーザー
 …の順番に必要です。
 ミラドライはレベル5で強く当てると効果があると言われてます。
 それだけ強力な麻酔が必要になります。
 なんちゃって先生には無理です。
 ミラドライを受けるなら、
 ちゃんとした先生を選ぶべきです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ