昔の記憶

阪神淡路大震災から25年

 今日は2020年1月18日(土)です。
 昨日1月17日は阪神大震災から25年でした。
 25年前、私は40歳でした。
 1995年は平成7年です。
 私は市立札幌病院から、
 JA帯広厚生病院に転勤した直後でした
 毎日極寒の中を、
 冷え切った車で通勤していました
      ■         ■
 地震が起きたのが、
 午前5時46分でした。
 朝のTVでは詳細がわからず、
 大きな災害が起こったことだけが報道されていました。
 うちの奥さんは神戸の出身です。
 実家に電話をしてもつながりません。
 何が起きたのかわかりませんでした。
      ■         ■
 大災害だとわかったのは、
 かなり時間が経過してからでした。
 当時、奥さんの母親は、
 奈良県香芝市に住んでいました。
 幸いなことに、
 被害はありませんでした。
 後から聞いたら、
 家が壊れるかと思うほど揺れたそうです。
      ■         ■
 私が勤務していた、
 JA帯広厚生病院から、
 北海道厚生連の示指で、
 救援隊が派遣されました。
 被災地に行った先生や看護師さんから、
 とても大変だったとお聞きしました。
 変わり果てた神戸を見て、
 うちの奥さんの目に涙がありました。
      ■         ■
 停電への備え2012
 神戸の震災の後で、
 私はキャンプ道具一式を買い、
 いざという時のために備えました。
 残念なことに、
 使われないまま売ってしまいました。
 残っているのはマグカップだけです。
      ■         ■
 2018年の北海道胆振東部地震いぶりとうぶ地震
 北海道全体がブラックアウトになりました。
 コージェネレーションが活躍しました。
 タワーマンションではEVが使えず、
 非常階段が真っ暗になり困りました。
 災害は忘れた頃にやって来る
 もう一度、水のストックを確認します。
 災害は来ないのが一番いいですが、
 いつ来るかわかりません。
 東京に大地震が来ないことを祈っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ