医学講座

不妊治療の保険適応に賛成です

 今日は2020年9月10日(木)です。
 自民党総裁選挙が行われています。
 3人の候補が政策を述べられています。
 その中に、
 不妊治療の保険適応を掲げてくださった候補がいらっしゃいます。
 私は大賛成です。
      ■         ■
 2012年12月28日の院長日記に、
 安倍首相に望む③で書きました。
 きれいになるための美容整形と…
 子孫を残すための不妊治療を…
 同じ自由診療としている制度に疑問を感じます。
 …と書いてあります。
 一組で多くの夫婦に赤ちゃんができてほしいです。
      ■         ■
 保険適応にするメリットはたくさんあります。
 公立病院で治療をしやすくなります。
 保険診療には審査という制度があります。
 不適切な治療をしているところは、
 容赦なく査定されます。
 自由診療にはない、 
 他の医師から見た審査があります。
      ■         ■
 保険診療の料金は全国一律です。
 きっと不妊治療の料金そのものが安くなります。
 眼瞼下垂症手術は、
 保険診療ですとクリニックの収入は、
 両目で14万円程度です。
 自由診療のクリニックは、
 両目で30万円(税別)というところもあります
 私は不妊治療を保険適応にしてくれる候補が、
 内閣総理大臣になってくれることを願っています。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ