医学講座

ばあさんが退院しました

 自分の身内のことで申し訳ございません。
 92歳で心臓弁膜症が見つかり
 もうどんな治療も受けたくない
 どうなってもいいから治療は受けない

 …と言っていた私の母親が、
 無事に手術が成功し
 昨日退院しました。
 ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
      ■         ■
 正直なところ、
 92歳だから、、、
 もう いいか、、、?
 …と私も考えていました。
 いつも、 
 長生きしすぎた
 …と愚痴をこぼされていました。
 長生きしすぎたばあさんが、
 元気になりました。
      ■         ■
 皆さまに励ましていただいたおかげです。
 ありがとうございました。
 手術は全身麻酔で行われ約2時間でした。
 一日目だけCCUという集中治療室に入り、
 翌日からは病室に戻りました。
 コロナ禍のため、
 私が面会に行ったのは手術日当日だけでした。
 昨日もタクシーで一人で退院しました。
      ■         ■
 私が言うのも変ですが、
 医学の進歩はすごいです。
 92歳のばあさんが、
 人工弁を入れていただき、
 元気になりました。
 足のしびれが無くなったそうです。
 同じような大動脈弁狭窄症の方がいらしたら、 
 うちのばあさんのことも参考にしていただきたいです。
 北海道循環器病院の山本匡先生に感謝しています
 すばらしい先生です。

前列左端が山本匡先生です

おかげ様で元気です
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ