医学講座

コープ灯油、札幌77円

 今日は2020年9月30日(水)です。
 9月も今日で最後です。
 今朝の札幌はいいお天気でした。
 ちょっと寒いです。
 東京でも寒いと朝のTVで言ってました。
 朝の東京の気温が16℃、
 札幌が14℃でした。
      ■         ■
 2020年9月30日、北海道新聞朝刊の記事です。
 コープ灯油、札幌77円 10月から 前年同期比15円安
 道内最大の灯油共同購入団体コープさっぽろ(札幌)は10月1日から始める今期の定期配達の灯油価格を、全道で最も安い札幌地区で1リットル当たり77円にすることを決めた。新型コロナウイルス感染拡大に伴うエネルギー需要の落ち込みで原油価格が低迷しているため、前年同期より15円安くスタートする。
 札幌地区以外の価格は、旭川、釧路などが78円、函館、北見などが79円、最も高い稚内、根室などが80円となる。
 石油情報センター(東京)によると、コロナによる需要減で4月に史上初めてマイナスに落ち込んだニューヨーク原油先物価格は、各国の経済活動の再開などで1バレル40ドル前後まで回復。ただ、欧州などで新型コロナの感染が再拡大し、原油の需要回復が鈍るとの観測から、足元の価格は頭打ち感が強まっているという。
 石油情報センターの担当者は原油価格の先行きについて、新型コロナや11月の米大統領選の結果、中東情勢など「不確定要素が多く、全く見通しがたたない」と話している。
 灯油配達を手がけるコープさっぽろの子会社エネコープ(札幌)は「経営努力を続け、可能な限り安価な料金で提供していきたい」としている。(土屋航)
(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 灯油価格が昨年同期より15円安いのは、
 とても助かります。
 北海道の冬で一番大切な灯油です
 札幌市内のマンションでは、
 ガスや電気による暖房のところも増えました。
 ガスは昔より割安な感じがします。
 電気暖房は高いです
      ■         ■
 コロナ禍で冬のボーナスが期待できないところがたくさんあります。
 病院も例外ではありません
 収入が減少している病院があります。
 逆に増えているところは少ないと思います。
 どうか灯油価格がこのまま値上げされないことを祈ります。
 エネコープ(札幌)は
 「経営努力を続け、可能な限り安価な料金で提供していきたい」

 ありがたいお言葉です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ