医学講座

交通事故は自費治療が基本です

 今日は2021年1月12日(火)です。
 札幌は寒いです。
 うちの奥さんいわく、
 この寒さは1月下旬!
 なるほど、
 厳冬期が少し早く来ている印象です。
 寒いですが、
 札幌市内は例年より雪が少ないです。
      ■         ■
 新型コロナの患者さんが増えて、
 死者数も増えています。
 残念なニュースばかりです。
 私の院長日記では、
 保険治療と自費治療2021
 見た目の改善と保険診療
 …の続きを書きます。
      ■         ■
 残念なことですが、
 今の健康保険制度では、
 私たち形成外科医が得意とする、
 見た目の改善には健康保険が使えません。
 きずときずあとのクリニック豊洲院の、
 村松英之むらまつ ひでゆき先生が解説されている通りです。
      ■         ■
 もう一つ、
 あまりよく知られていない保険適応にならないけががあります。
 交通事故です。
 交通事故のけがは、
 自動車賠償責任保険で治す決まりです。
 通勤災害の労災事故だったとしても、
 自賠責で治すのがルールです。
 私の交通事故もそうでした。
      ■         ■
 自分に過失がない、
 10-0の事故で、
 相手に賠償する能力があれば、
 どんなキズあとでも、
 自費診療で受けることができます。
 保険会社がNOと言うことも考えられますが、
 交通事故で顔にキズが残った場合は、
 自費治療で修正手術を受けることは可能です。
      ■         ■
 気をつけていただきたいのが、
 過失割合です。
 自分にも落ち度があって交通事故でけがをした時です。
 落ち度の割合によって、
 自分も治療費を負担することになります
 自費治療なので高いことがあります。
 顔に目立つキズがあったら、
 高くても治療しなくてはなりません。
 そんな時のためにも、
 キズの見た目を改善する手術も保険適応にしてほしいです。
 老形成外科医としての思いです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ