医学講座

新型コロナ患者引受の条件

 今日は2021年1月16日(土)です。
 今朝の札幌は強風でした。
 気温が上がって道路の雪がとけていました。
 こんなシャーベット状の雪道が、
 一番歩きにくいです。
 長靴でないと靴が濡れてしまいます。
      ■         ■
 日本全国で新型コロナの患者数が増えています。
 病床がひっぱくしています。
 民間病院で、
 新型コロナを引き受けに消極的なところもあります。
 学長が患者引き受けを拒否した医科大学もありました。
 国公立病院は、
 大学病院も含めて積極的に引き受けるべきです。
      ■         ■
 民間病院は別です。
 もし私が民間病院の院長だったら、
 ちょっと待ってください
 …と言います。
 新型コロナ患者を引き受けて、
 病院が赤字になったら、
 国が面倒をみてくれますか?
 …と聞きます。
      ■         ■
 現実には、
 新型コロナのために、
 日本全国の病院や診療所が減収になっています
 患者さんを引き受けたために、
 職員や、
 職員の家族が差別を受けている病院もあります。
 子供さんが保育園から断られた例もあります。
      ■         ■
 もし国が民間病院に患者引き受けを要求するなら、
 今の制度ではダメです。
 病床あたりいくらとかではなく、
 赤字は全額国の負担
 高い使い捨ての手袋、
 ガウン、
 マスク、
 寝具、
 感染性廃棄物としての処理費用、
 すべて国の負担にしてほしいです。
      ■         ■
 手袋、マスク、ガウンなどは、
 供給されていても、
 価格はコロナ前よりずっと高いです。
 すべて国で一括して買い上げて、
 コロナ患者がいる病院に、
 無償で配布してください。
 病院経営者としては、
 新型コロナで病院倒産は勘弁してください
 …というのが本音です。
 66歳の医師としての意見です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ