医学講座

博士(医学)と医師としての腕

 札医志望の学生さんから…
 医学博士についてのご質問をいただきました
 質問の要旨は…
 医学博士を取るのが遅いor持っていないと
 大学病院では何か不利な事などはあるのでしょうか…?
 大学病院での序列は、
 助教→講師→准教授→教授と上がります。
 大学にもよりますが…
 講師以上になるには…
 博士(医学)の学位が必要です
      ■         ■
 今はどうかわかりませんが、
 私が研修医だった頃の北大には…
 医学博士でない講師の先生も…
 たくさんいらっしゃいました。
 私より10年上くらいの先生たち…
 もう定年退官なさった先生もいらっしゃいますが…
 大学紛争で大学院をボイコットしていました。
      ■         ■
 博士号を持っていない先生がたくさんいました。
 医師としての腕と…
 医学博士の学位は…
 まったく関係ありません
 人間的にも…
 医師として尊敬できる先生でも…
 医学博士を持っていない医師はたくさんいらっしゃいます。
      ■         ■
 私が博士(医学)の学位を取得したのは、
 頭が悪くて、
 北大医学部へ入学できなかったので、
 せめて博士号は
 北大からいただきたいと思ったのです。
 大学院へ進む道もありましたが、
 当時は私のように研究生となって働きながら勉強して、
 博士号を取得する人もいました。
      ■         ■
 私が博士(医学)の学位をいただいたのは…
 論文博士と呼ばれる制度でした。
 大学院へ進学しなくても…
 働きながら研究をして…
 論文を書いて審査していただき…
 合格すると学位記がいただけました。
 働きながら学ぶ定時制高校のようです。
      ■         ■
 現在の北大形成外科では、
 大部分の先生が大学院へ進学されています。
 卒後10年以上経過して…
 地方病院の主任医長まで経験してから…
 大学院生となっていらっしゃる立派な先生もいます。
 大学院では基礎研究をするので、
 医師としの腕を磨くというより…
 研究者になります。
      ■         ■
 誤解しないでいただきたいのは…
 大学院へ進学したら…
 自動的に博士(医学)の学位がいただけるとか…
 博士号を持っている人は…
 臨床医としの腕がいいとか…
 そんな大きな誤解です。
 医学博士の学位と…
 外科医としての腕はまったく別です
 外科医は板前のようなものです
 良い師匠について一生懸命修行を積んだ先生が…
 腕の良い外科医になれます

“博士(医学)と医師としての腕”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    先生方のプロフィールを拝見していると 大学を卒業されて10年以上経ってから大学院卒業なんて書いてあったり 患者側からは?わからない事ばかりです。 でも どんなに偉くなっても ほんとにドラマのような 白い巨塔は実在 するんだと思いました。また外科医はPrideが高い先生が多い事もわかりました。 そんなドラマのような出来事に頭を突っ込んだお陰で 本間賢一先生と知り会えましたが。。。

  2. まみ子 より:

    高木理事長が博士号を取得したのは、52才になってからです。

    忙しい外来の合間をぬって、主張医をお願いしながら毎回大学へ通っていました。そんな頑張っている理事長をお手本にさせてもらい、私が正看の免許を取得したのが50才の時です。

    おかげさまで、今では道内で一番患者数の多い皮膚科診療所として頑張っています。

    本間先生も皆さんご存知の事ですが、勉強熱心です。学問に年齢制限はないと私は思います。

  3. なっちゅん より:

    医学博士はあれば勿論いいにこしたことはないですが患者が求めるのは正直技術です。
    そして毎日ブログをアップして下さり知識を植えつけて下さる本間先生に感謝しています。

  4. さくらんぼ より:

    まみ子師長様!心強いCommentありがとうございます。そうですよね。 お体に気をつけてがんばってください。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ