医学講座

切らない眼瞼下垂症手術

 第36回日本美容外科学会から一週間が過ぎました。
 札幌は紅葉が落ち葉になってきています。
 今朝の札幌は雨です。
 少しずつ寒い冬に近づいていきます。
 あと一週間もすると…
 近くの山には初雪が降ります。
      ■         ■
 切らない眼瞼下垂症手術
 …という言葉が美容外科の宣伝にあります。
 私がはじめて切らない眼瞼下垂症手術をお聞きしたのは、
 真崎医院の真崎信行先生です
 真崎先生は共立美容外科創立者のお一人です。
 脂肪吸引で使う、
 KBシースの考案者です。
      ■         ■
 手術法の詳細は、
 若返り美容医療の実際という成書に書かれています。
 永井書店、
 ISBN4-8159-1701-9
 平成16年10月1日に出版された本です。
 切らない眼瞼下垂症手術は、
 美容外科医の間では有名な術式です。
 池田欣生(いけだよしお)先生がよく発表されていました。
      ■         ■
 今回の日本美容外科学会で、
 慶應大学形成外科の清水雄介先生が、
 Non incisional blepharoptosis correction
 切らない眼瞼下垂の修正
 …として発表されました。
 清水先生の発表には動画もありました。
 きれいで丁寧な手術でした。
      ■         ■
 この切らない眼瞼下垂症手術は、
 まぶたの裏側から、
 まぶたを上げる筋肉、
 ミューラー筋と眼瞼挙筋をいっしょに短縮する手術です。
 清水先生のご発表で、
 高齢で持病があって…
 『切る手術』が難しい患者さんが、
 目が開いて見えるようになっていました。
      ■         ■
 低侵襲の手術です。
 清水雄介先生は新進気鋭の形成外科医です。
 第21回日本形成外科学会基礎学術集会(福島)②でも、
 とても有意義なご発表をされました。
 慶應大学形成外科という有名大学から、
 美容外科関連の発表が増えるのは好ましいことです。
 慶應大学形成外科の清水雄介先生をおすすめします。
 信頼できる形成外科医です。

“切らない眼瞼下垂症手術”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    山形も寒い雨降りで山は雪の便りが、、 皆様 ご自愛下さい。切らない眼瞼下垂ですか、、初めて知りましたが筋肉をいじるのですから よほど熟練した先生でないと心配ですね。 目の筋肉をいじりまれに 筋肉がピクピクする痙攣とかなる副作用とかはないのでしょうか、、、、 痛みもないのでしょうか。。。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございました。眼瞼挙筋やミューラー筋を手術しても痙攣になることはまずありません。手術ですからそれなりの痛みはあります。皮膚を切除しないので皮が余って垂れ下がっているような方には向きません。調節も難しい手術です。

  2. まみ子 より:

    先日、お友達の女医が旭川の形成外科の先生に眼瞼下垂の手術をしてもらったそうです。

    手術の翌日から仕事をしたみたいで、すごくまぶたが腫れている写メを送って来ました。皮膚科を開業して約2年目なので休めない・・・とか言ってました。でも、患者さんがびっくりですよね。

  3. なっちゅん より:

    眼瞼下垂で切らない手術というのは初めて聞きました。
    切るのよりは腫れないのでしょうか?
    病気なのに世間を気にして、手術できないのは辛いですよね。

  4. くくるん より:

    切らない眼瞼下垂は魅力的ですが、切る眼瞼下垂と比較して戻らないのか気になりました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    『切る手術』をしても戻ることがあるのが眼瞼下垂症です。『切らない手術』では当然、戻る率は高いと思います。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ