医学講座

大同生命との協議①

 2016年2月8日(月)虎門中央法律事務所の弁護士柴田征範さん、
 大同生命の不動産部小林課長、山田係長が
 高橋智法律事務所に来られました
 大同生命は、
 この秋、長くても年内の立ち退きを希望しているとのことです。
 大同生命からは、
 不動産鑑定の結果、
 借家権価格、1550万円、
 移設費用、4950万円
を提示されました。
 私が院長日記で求めていた
 取り壊し半年前に取得した意図については説明がなく
 あらためて高橋智先生から伺っていただくことにしました。
      ■         ■
 やっぱり私が考えていた通りの道筋です。
 2019年秋竣工だと、
 遅くても年内の立ち退きでないと間に合いません。
 そもそもどうしてこんなことになったのか?
 丁寧な説明がありません
 立退料と税金
 2016年1月8日の院長日記に書いたように、
 立退き料をもらっても、
 半分は税金で無くなります
      ■         ■
 6500万円というと高額に聞こえますが、
 医療法人札幌美容形成外科で一年間診療をすると、
 そのくらいの金額は稼ぐことができます。
 そこから薬代を払ったり、
 従業員のお給料を払ったり、
 家賃や光熱費を払います。
 私はお金はいりませんと何度も言っています。
 6500万円の立退き料では、
 新しいクリニックは作れません

 入居するビルもありません。
      ■         ■
 クリニックが入るビルには条件があります。
 ビルの条件という、
 2007年6月29日の院長日記に書いてあります。
 天井高2800
 個別空調
 スプリンクラー工事
 24時間出入り可能
 給排水工事
 麻酔余剰ガス
 ガス滅菌機の排気

 簡単にビルは見つかりません。
      ■         ■
 私が腹立たしいのは、
 大同生命という会社の経営方針です
 ご存知だと思いますが、
 NHKの朝の番組で、
 あさが来たをやっています。
 NHKとしては20%を超える高視聴率です。
 主人公の広岡浅子が大同生命の創立者です
      ■         ■
 あさが来たをうちの奥さんが見ています。
 女性行員を登用したり、
 女性が活躍する社会を作ったすばらしい方だと思います。
 私だけならともかく、
 コンタクトオフビルには
 2年前に念願のお店を持たれて、
 リラクゼーション店を経営していらっしゃる女性もいます
 大同生命さんに言います。
 お金はいりません
 この、長くても年内に追い出したいなら、
 まず私たちに新しい診療所と店舗を準備してください。
 私は追い出されるのには慣れています
 48歳の時に札幌医大を追い出されました
 創業者が泣いていますよ!
20160211

NHKのHPから引用

“大同生命との協議①”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    え〜。冬だけみれるドラマなんで 観ていますが。あのあさのですか?びっくりぽんです。 強制執行されたら先生の診療所はなくなり身体を引き裂かれると同じだと思います。提示された金額では 税金で持っていかれなかったとしても 先生の診療所を今と同じにするならまだまだ金額が足りないと思います。 秋までなんてなんでそんな急に! 高橋智先生に頑張っていただき こちらの言い分が通るようにしていただきたいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。そうなんです。NHKの朝ドラの主人公が大同生命の創業者です。せっかくあさが来たで企業イメージが良くなっても、札幌のビルでイメージを壊すことになります。秋までなんて無理です。私は大丈夫ですがテナントの美容室の美容師さんも不安に思っています。急に自分の職場が無くなったら従業員は困ります。

  2. なっちゅん より:

    そうでした、あさが来たのヒロインは
    大同生命の創業者でしたね。
    毎朝、楽しみにしています。

    大同生命ビルのテナントに入ってた者として
    今回の大同生命の対応は残念でなりません。

    先生は、それなりの説明を求めています。
    このままでは釈然としません。

    今のビルから立ち退かなければならないのなら
    診療を続けられるような環境を整えて下さい。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。急にオーナーが変わったから、老朽化していて取り壊すから出て行ってくれはないです。コンタクトオフビルではたくさんの人が毎日働いています。オーナーだけお金をもらっても従業員には何にもならないのです。大切なのは職場です。NHKの主人公が泣きます!

  3. tz より:

    初めまして。先生のブログいつも楽しみに読ませてもらっているtzと言います。
    この度、第110回医師国家試験にもしかしたら落ちてしまったかもしれません。
    両親に伝えると我が家の経済状況は本当に厳しい状況であり、もう働くしかないような状況です。
    医学部を出ただけで何のスキルもなく、何も出来ない自分はどうしたらいいかも分かりません。
    アルバイトをしながらでもどうにか来年の試験に向けて頑張るしかないでしょうか?
    正直、もう永遠に受からない気がするんです。自分には医者になるような能力がないんだと思います。
    どうしたらよいでしょうか…?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。近年の医師国家試験は難しいですね。私たちの頃は2日間でした。試験会場も札幌南高校の教室でした。自己採点で厳しい結果なのだと想像します。はっきり申し上げます。これから一年間必死で勉強することです。自分で勉強してもダメです。医師国家試験専門の予備校に通ってください。私が知っている先生で予備校で奥さんを見つけた人もいます。医師国家試験に何年もかかった通った先生もいます。臨床医として立派に働いていて患者さんからの信頼も厚いです。永遠に受からないことは絶対にありません。さあ、気を取り直して勉強をしましょう。同級生から資料をもらうのも良い方法です。来年の国家試験には必ず合格できます。人生の先輩としてのアドバイスです。がんばってください。お金がないなら奨学金をもらう方法もあります。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ