医学講座

「プチ整形」のつもりが失明・鼻欠損、包茎手術でも性器壊死…フィラー注射の事故多発

 2016年7月8日金曜日、
 産経新聞WEB版の記事です。
 「プチ整形」のつもりが失明・鼻欠損、包茎手術でも性器壊死…フィラー注射の事故多発 専門家「メスより安全誤り
 美容医療や包茎手術の際に皮膚下に注射されるフィラー(充填剤)をめぐり、失明や鼻の壊死(えし)など、深刻なトラブルが相次いでいることが分かった。美容目的のフィラーの多くは厚生労働省が承認していない海外製の医薬品で、成分の安全性がはっきりしていないものも含まれているという。施術の際にリスク説明が不十分なケースも目立ち、専門家が注意を呼びかけている。
 体がふらつき、右目が見えづらい-。近畿地方の大学病院に運ばれた20代の女性はこう訴えた。
 鼻を高くしたいと、美容クリニックでフィラー注射を受けた。メスを使わない「プチ整形」だったが、直後から異変が生じた。女性は大学病院に入院し、約2週間の治療を受けたが、右目の視力を失い、右まゆから鼻にかけての皮膚が壊死した。
 使われたフィラーは米国製のカルシウムハイドロキシアパタイト剤。歯の主成分と同じ微細粒子をジェル状にしたものだ。国内未承認だが、形が長持ちするとして人気が高い。
 女性のケースでは注射された部位が悪く、眼動脈などにフィラーによる血行障害が起きたと考えられているが、フィラー注入による失明の症例は海外でも報告されているという。
 日本形成外科学会理事長で大阪大医学部の細川亙教授は昨年、こうしたフィラー注入に伴う合併症の事例を専門雑誌にまとめた。
 鼻を高くしようとした60代女性はフィラー注入直後から強い痛みを感じ、徐々に赤く腫れ上がって最終的に鼻の右部分を欠損した。額のしわを伸ばそうとした50代男性は逆に大きな腫瘍ができ、切除せざるを得ない状態になった。
 フィラーは美容医療だけでなく、男性器の包茎手術などにも用いられるが、国民生活センターは6月、包茎手術をめぐるトラブルが多発しているとして注意喚起を行った。
 3月までの5年間で相談件数は1092件。「安い手術だと汚い仕上がりになる」と言われ、80万円の高額施術を即日受けさせられるなど契約上の問題に加え、フィラーを注入された部分が壊死するなど、術後に痛みや不具合を感じたケースもそのうち約4割に及んだ。
 細川教授によれば、フィラーは液状の薬剤のため、一度注入されれば除去するのが難しい。「フィラー注射がメスを使う手術よりも安全だと信じてしまう消費者心理があるが、誤っている」と警鐘を鳴らした。
海外製薬剤、大半は未承認 「少ないと効かない」とあおるケースも
 美容医療の現場で幅広く使われているフィラーとは、皮下に充填する薬剤の総称だ。代表的な成分は肌のハリの保持や形の矯正に使うヒアルロン酸だが、歯の主成分ハイドロキシアパタイト由来のものもある。
 国内で出回っているこうしたフィラーは未承認のものが大半とされる。医師が海外から個人輸入し、自己責任のもとで使用することになっており、仮に健康被害が出ても公的な救済制度の対象にならない。
 厚生労働省によると、美容目的の未承認医薬品の輸入は年々増加し、平成26年度の品目数(約2万2千件)は5年前の1.5倍に達した。
 海外製のフィラーの品質に問題はないのか。日本美容医療協会常任理事の大森喜太郎医師は「ヒアルロン酸由来といっても、ただちに安全か判断できないものも多い」と指摘する。純粋なヒアルロン酸は時間経過とともに体内に吸収されるが、フィラーには体内に定着させるための非吸収成分も含まれているからだ。
 札幌市の美容形成外科院長で、業界事情に詳しい本間賢一医師は、適切な量や用途を守らない施術の問題点が大きいとみる。「少ない量では効かない」と患者をあおるようなケースだ。「背景にあるのは過度の営利主義。たとえばリスクについても十分な説明をしてくれるか、そういう観点から病院を慎重に見極めてほしい」と指摘する。
20160709
 

(以上、産経新聞WEB版より引用)


      ■         ■
 先日、産経新聞から取材を受けました。
 美容外科業界の裏事情まで、
 詳しくご説明いたしました。
 立派な記事にしていただき感謝しています。
 世の中には間違った情報が氾濫しています。
 ネット上の情報も作為的はものがあります。
 クチコミだと思ったら、
 とんでもないクリニックへの誘導があります。
      ■         ■
 産経新聞の記事は、
 Yahoo!ニュースでも取り上げられました。
 札幌市の美容形成外科院長で、
 業界事情に詳しい本間賢一医師は、
 適切な量や用途を守らない施術の問題点が大きいとみる。
 「少ない量では効かない」と患者をあおるようなケースだ。
 背景にあるのは過度の営利主義

 …と記者さんに説明しました。
 もう少し詳しく解説します。
      ■         ■
 ヒアルロン酸などの注入は、
 量によって料金が変わります。
 女性には、
 ここと、
 そこと、
 あそこと、
 全部改善するには、
 ヒアルロン酸が10本必要ですと説明します。
 そうすると料金は10倍になります。
      ■         ■
 実際に10本も注射すると、
 顔がパンパンになります。
 注射しすぎて、
 血管を圧迫して、
 血流不全になることがあります。
 私はふつうは1ccが1本です。
 使っても1ccが2本です。
      ■         ■
 男性の注入も同じです。
 息子を立派にしたいと思う男性に、
 立派にしたいのだったら、
 5本注射をおすすめしますと、
 言葉巧みにすすめます。
 5本も注射すると、
 血流不全になって壊死になります。
      ■         ■
 産経新聞の記者さんから、
 包茎手術で性器が壊死になるのは、
 手術室が不衛生で、
 感染が原因ですか?

 …と質問を受けました。
 感染が原因となることもありますが、
 壊死の原因で多いのは血流不全です。
 包茎の手術日に、
 息子を立派にする注射をするのは危険です。
 ただでさえ腫れるのに、
 そこに注入物を入れると血流が悪くなります。
 そうして壊死になります。

“「プチ整形」のつもりが失明・鼻欠損、包茎手術でも性器壊死…フィラー注射の事故多発”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    産経新聞に掲載されたのですね。
    先生の日頃からの熱意が伝わり
    嬉しいですね。
    先生、いつもお疲れ様です。
    先生の努力の賜物です。

    沢山の患者さんの目に触れるといいですね。

    注入し過ぎは壊死になるのですか。
    怖いです。
    今回、目安を先生が書いてくださったので
    注入する方の参考になり、いいですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。取材をしていただき記者さんに説明しています。記者さんですら知らないことがたくさんあるのです。注入しすぎが壊死の原因になります。言葉巧みに価格を吊り上げるクリニックは要注意です。

  2. さくらんぼ より:

    怖いですね。壊死したら 鼻が低いどころではすまないですよね。性器も壊死したら どうなるんでしょう。 厚生労働省は もっと内情を知り なんとかすべきだと思います。 本間先生 どんどん取材に応じてみんなに本当のことを教えてください。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。取材をしていただけるのはありがたいことです。私一人の力では限界があります。マスコミの力は大きいです。TVからも取材が来ています。早く映像にしていただき国民に危険性を知らせていただきたいです。61歳がんばってます。

  3. 亀頭壊死 より:

    私は、不本意にも亀頭にヒアルロン酸を入れられて部分壊死にされました。 もう2年たったのですが、分解剤を打っても、元々入れられすぎたところがしこりになった部分にへこみがみられます。へこみは大分ましになったのですが、壊死させられた部分の再生を促進する方法はあるのでしょうか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    残念な結果で申し訳ございませんでした。壊死になってしまった部分は枯れた木と同じなので再生はしません。壊死になりそうな時でしたら血流を増やす薬などで治療します。状態がわからないのでどのような治療法があるか回答できません。気になるようでしたら大きな病院の泌尿器科や形成外科を受診してご相談なさってください。

  4. くくるん より:

    やはり注入しすぎがよくないのですか。
    女性は美しくなるためにはお金をかけることは惜しまないはずなので、そこにつけこまれると怖いですよね。【一部の営利主義なクリニックさんは注入しすぎがよくないと、わかっててもやってしまうのかもしれませんが】

    クチコミも業者や、職員が書いているのかもしれないと思うと、なんだかなあ。。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。食べログと同じでクチコミはあてになりません。検索して上位にヒットするのもお金です。何を信じていいのかわかりませんが、行ってすぐにやらないのが一番です。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ