医学講座

第1回弁論準備手続記録(札幌地裁)

 第1回弁論準備手続
 事件番号 平成28年(ワ)第816号
 建物明渡請求事件
 原告 大同生命保険株式会社
 被告 医療法人札幌美容形成外科
 期日 平成28年9月13日(火)午後4時40分~午後5時10分
 場所 ラウンド法廷(3階304)

      ■         ■
 昨日の第1回弁論準備手続のご報告です
 通常の法廷ではなく、
 3階にある会議室のような部屋でした。
 ふつうの会議室と違うのは、
 入口から2mくらいのところに、
 法廷にあるような柵がありました。
 その柵の手前に、
 病院の待合室のような長いすがあります。
      ■         ■
 傍聴はできませんが、
 裁判長に許可をいただいて、
 うちの家内が柵の外で聞いていました。
 相手方弁護士は、
 ラウンド法廷から電話をかけて、
 東京で話す予定と、
 裁判所書記官から伺っていましたが、
 昨日は札幌まで2人がいらっしゃいました。
      ■         ■
 虎門中央法律事務所の、
 板垣幾久雄弁護士
 柴田征範弁護士のお二人です。
 円卓を囲んで裁判長と相手方の2人の弁護士、
 こちらの高橋智先生と私が同じテーブルに着きました。
 裁判官は法廷では黒の法衣ですが昨日はネクタイでした。
 裁判長とご挨拶ができました。
 とてもおだやかで素敵な方です。
      ■         ■
 私は自分が裁判で被告になるまで、
 裁判の進め方をよく知りませんでした。
 TV番組のように、
 裁判長!○○
 …というような激しいやり取りはありません。
 静かに書類を取り交わすだけです。
 私が理解したことは、
 裁判で重要なのは、
 法廷で交わされる言葉ではなく、
 法廷に行くまでに取り交わされる、
 準備書面という書類です。
      ■         ■
 準備書面を裁判所にFAXで送ったり、
 相手方弁護士事務所にFAXで送ります。
 メールでも、
 ネットでもなく、
 今でもFAXです。
 FAXが大活躍しています。
 相手方から届いた準備書面に、
 こちら側も反論をします。
 これの繰り返しを裁判所で確認します。
      ■         ■
 札幌美容形成外科の担当は、
 札幌地裁民事第5部4係
 根本宜之裁判官です。

 昨日の第1回弁論準備手続では、
 裁判官から、
 原告被告の双方へ個別に、
 今後の裁判の進め方について質問がありました。
 法律を守る裁判官として、
 紛争を早く解決してあげたい

 …という熱意が感じられました。
      ■         ■
 大同生命は、
 私が平成28年1月6日午後3時半に、
 電話で話したこが高圧的で語気鋭く詰問であり、
 その後に院長日記で書いたことを第一の問題としています。
 それで店子として不適格なので、
 【賃貸契約の継続は不可能】と主張しています。
 私が日本初のブログ裁判
 2016年7月24日の院長日記で書いた通りです。
      ■         ■
 こちら側としては、
 高圧的で語気鋭く詰問したつもりはないので、
 新証拠として、
 平成28年1月6日に大同生命から電話があった際の
 札幌美容形成外科の防犯ビデオの録画ファイルを提出しました。
 相手方に対して、
 どこが高圧的で語気鋭く詰問で、
 店子として不適格なのかを、
 何時何分(ビデオに時計が入っています)の部分が詰問なのか?
 明示していただきたいと高橋智弁護士から要望しました。
      ■         ■
 ラウンド法廷は、
 ふつうの法廷以上にゆっくりとお話しができました。
 私はこのラウンド法廷が気に入りました。
 裁判長ともお話しができますし、
 私も発言することができます。
 裁判所は17:00までなのに、
 10分くらい超過してしまいました。
 書記官には申し訳ないことをしました。
 次回は11月4日(金)16:00から第2回弁論準備手続です。
 手続きのは入れないのだそうです。
20160914
20160914-2

伊達簡易裁判所のラウンド法廷北海道開発局HPより引用

“第1回弁論準備手続記録(札幌地裁)”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    お疲れ様でした。

    相手側弁護士さんは電話ではなく
    いらっしゃいましたか。
    それだけ今回の裁判が手強いと思ったのでしょうか?

    ラウンド法廷は裁判官との距離が縮まった分
    言葉も伝わりやすいのかもしれませんね。
    言いたい事が発言出来て良かったです。

    防犯ビデオの証拠がありましたか‼︎
    これで高圧的ではないと証明されましたね。

    相手側は、いちゃもんつけ
    ブログ裁判にし
    追い出すつもりなんでしょうね。

    やり方に疑問を感じます。

    弁論準備手続、やはり2ヶ月後なんですか。
    長丁場になりますね。
    頑張ってください‼︎

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。相手方はいつも2人の弁護士がいらっしゃいます。大同生命の会社の人は一度も来たことはありません。すべて弁護士さんにお任せなのだろうと考えています。次回は11月4日(金)16:00です。ご声援に感謝いたします。font>

  2. さくらんぼ より:

    ということはまだ一回も 裁判らしきことをせず次回も 手続き準備なんですね。 電話 を録音できていたのは凄いです。 でも先生が聞いても誰が聞いても 荒々しい言葉ではなかったのに大同生命さんだけがそうとらえたのは 敵だと思って話されたからでしょうね。 ブログも私のコメントに対する 先生のコメントなんですよね。 大同生命さんもう終わりにして下さい。朝がきたの イメージから段々遠のいてしまいます。 私は もっと人間味のある会社だと思っていました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。学会で大阪に来ました。やはり関西は暑いですね。その日の防犯ビデオをたまたま残しておいたのです。まさか電話の話し方を高圧的で語気鋭く詰問と書かれるとは思ってもみなかったのですが、結果的に防犯ビデオが役に立ちました。私が聞き直しても高橋智先生が聞いても高圧的で語気鋭く詰問には聞こえませんでした。院長日記は分厚いコピーの証拠が訴状とともに提出されました。こちらから出した証拠はDVD一枚です。薄くても価値がある証拠です。

  3. ラズベリー より:

    『※1高圧的で語気鋭く詰問』について、答弁、弁護させて頂きます。建前の【名誉毀損】で提訴されたのに何故、上記※1を訴状に記述に加えたかです
    それは、ずばり【印象形成】と【調停中に提訴した理由づけ=原告側の防衛】に他なりません。印象形成は、裁判長に、本間先生は、常に高圧的で調停が出来ない、名誉も毀損されており、退去して貰うしか道はないに繋げる事を目的にしているのです。正月明け、隣のビルを取得したのでと挨拶されても驚愕だけで電話の相手にいきなり怒りをぶつけたりしないと思いますし、原因帰属は原告者である某生命保険会社様にあります。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。相手方は名誉棄損ではなく建物明渡しを請求する訴訟です。私が電話で対応した内容について高圧的で語気鋭く詰問院長日記の内容が店子として不適格なので契約拒絶です。裁判長は少しでもおたがいが歩み寄って紛争を解決する手助けをしたいというお気持ちだと感じました。防犯ビデオの録画を見るとふつうに話していると(私も高橋智弁護士も)思っています。ご声援に感謝いたします。

  4. なっちゅん より:

    お忙しいところ申し訳ありません。
    準備書面は何故ファクスなのでしょうか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。FAXなのはメールだと情報が漏洩する可能性があるからだと(私は)想像しています。法律で決まっているのか?慣習なのかわかりません。FAXは読みにくいのでメールでPDFで添付ファイルだと印刷して読みやすいです。

  5. なっちゅん より:

    ありがとうございましたm(_ _)m

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ