わきが

令和時代のわきが治療

 今日は令和元年5月1日です。
 日本の新しい時代のはじまりです。
 令和時代のわきが治療を考えてみました。
 平成時代に進歩したのが、
 レーザー脱毛です。
      ■         ■
 脱毛を夢のように変えたのが、
 平成9年(1997年)に、
 輸入された医療用脱毛レーザーです。
 株式会社ジェイメックの創業者で、
 初代社長の故森下純一さんと、
 現社長の西村浩之さんが、
 三井物産と米国から輸入されました。
      ■         ■
 (平成9年)1997年2月2日に、
 東京都渋谷区千駄ヶ谷の津田ホールで
 札幌スキンケアクリニックの松本敏明先生が
 日本医学脱毛学会を開催されました。
 この時に、
 米国製のレーザー脱毛機をはじめて見ました。
 先生、これすごい機械
 …という森下社長のお言葉通りでした。
 最初の機器は大人気で、
 納期半年待ちでした。
 私の左腕と、
 左すねに照射しました。
 今でも毛が生えていません。
      ■         ■
 当時のレーザー脱毛器はとても高価でした。
 一ドル130円以上だったと記憶しています。
 日本に輸入すると、
 一台3,000万円以上しました。
 札幌で一番早く導入されたのが、
 皮膚科の山家英子先生でした。
 武藤靖夫先生(札幌中央形成外科)が、
 札幌で2番目でした。
      ■         ■
 今では、
 レーザー脱毛があたりまえですが、
 当時は、形成外科の偉い先生から…
 レーザーで毛が抜けるわけがない!
 絶対にまた生えると言われました。
 その後、
 レーザー脱毛機も進歩しました。
 札幌美容形成外科で使っているのは、
 冷却ガスが出るタイプのGentle Lase(キャンデラ社製)
 という機種です。

      ■         ■
 私が開業を考えたのが、
 JA帯広厚生病院の時です。
 きっかけは帯広の美容外科で、
 わきが手術を受けた患者さんでした。
 高いお金を払ったのに、
 においも、
 ローンも残っていました。
 私がJA帯広厚生病院形成外科で再手術をしました。
 そのことを帯広市医師会の広報誌に書きました
      ■         ■
 10年後のわきが治療は、
 手術をしなくても治るようになるといいなぁ~
 …というのが私の夢です。
 昨年から試みた、
 新しいわきが治療法2018の結果を、
 2019年5月16日に行われる、
 日本形成外科学会で発表します。
 私の夢の実現へ向けての第一歩です。

“令和時代のわきが治療”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    レーザー脱毛が良いと
    友人から聞いた事を父に話すと
    お金を出してあげるから
    行っておいでと言ってくれました。

    何回か通いましたが
    今はとても快適です。

    ワキガの方もお辛いと思います。
    楽に治せたらいいですね。
    医学の進歩を望みます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。優しいお父様ですね。レーザー脱毛のように治したいですが、現実はきびしいです。今のところ保険適応になるのは手術だけです。

  2. えりー より:

    レーザー脱毛すごいですね。
    母が閉経したら、すね毛が
    濃くなったと言ってたので
    気になります。
    しかし、すね毛は剃る事で
    処理もできますが、わきがは、
    そうはいきません。若いお嬢さん
    なら尚のこと悩むと思います。
    本間先生の夢が叶うことを
    私も願っています。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。レーザー脱毛は日本人の毛を減らす治療に多大な貢献をしました。わきがも脱毛のようにできるといいのですが、実際に保険診療で治療できるのは手術だけです。難しいところです。

  3. さくらんぼ より:

    学会発表頑張って下さい。手軽に治療できる日が来るといいですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。レーザー脱毛のようにわきが治療ができるといいです。私のですがなかなか難しいです。一番大変なのが保険適応にできないことです。日本形成外科学会で発表してきびしい意見をいただくつもりです。

  4. あやこ より:

    具体的にはどのうな方法で、対象年齢はどれ位とかんがえていらっしゃるのでしょうか。はやく詳しく知りたいです。子どものワキガを疑い始めていて。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    申し訳ございません。現在のところ保険診療で治療できるのは手術だけです。学会終了後に結果をお伝えします。

  5. こま より:

    以前にもコメントさせていただいた者です。
    脇臭で悩んでいる者として、遠く九州からですが、先生の夢を心から応援しています。
    いつか私もこの新しい治療を受けてみたいです。
    我が子も、もし発症したら受けさせてあげられればと思っています。
    学会での発表を応援しています。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。5月16日(木)午前中に発表します。残念ながら2019年5月の時点では、保険診療で治療できるのは手術だけです。私が生きている間に手術をしなくても改善できるようになればいいなぁ~と思っています。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ