医学講座

形成外科医としての強み

 神戸大が美容外科開設
 という院長日記を2007年9月28日に書きました。
 その一部を引用します。
 大学病院で美容外科を担当する‘先生’はどこで美容外科を習得するのでしょうか?
 大部分の‘先生’は、民間で開業している美容外科や形成外科へ行って、美容外科手術を習得します。
 形成外科医は眼瞼下垂症手術などは得意ですから、手術のアルバイトに行って、ついでに他の手術も覚えることもあります。
 国立大学では、おおっぴらにアルバイトに行くことは禁止されていますから、土日の休みなどを利用することもあります(厳密に言うと土日でもバイトは禁止ですが…)。
      ■         ■
 大学病院で美容外科診療をしようとすると、料金も大学の規則で決めなくてはいけません。
 市立病院や公立病院では、条例で料金を決めなくてはならない場合もあります。
 美容外科で普通に使っている、厚労省が認めていないコラーゲンやヒアルロン酸も使えません。
 手術を決めて、麻酔科に麻酔を依頼すると、自由診療だからと麻酔科から断られることもあります。
 さまざまな制約を受けるのが大学病院の美容外科です。
      ■         ■
 ただ、全国的に見ると、国立大学でも形成外科を形成外科・美容外科とするところは増えています。
 医学部の学生が美容外科手術を見学したいと願っても、なかなか実現しません。普通の美容外科でしたらまず断られます。
 医学部の教育の中で、美容外科が一般化するには、形成外科が普及した以上に時間がかかると思います。
 日本の医学部・医科大学の中には、形成外科すらない医育機関がまだかなりあります。       ■         ■
 形成外科医には、
 褥瘡(じょくそう)やフットケア(足のきず)など、
 キズの処置が得意な先生と、
 美容外科手術など、
 細かい手術を得意とする先生がいます。
 私は美容外科学会の会員ですが、
 フットケア学会には入っていません。
      ■         ■
 形成外科医は、
 創傷治癒という、
 キズの治りに関する知識が豊富です。
 頭蓋顎顔面外科という、
 顔の骨を切る手術を得意としていると、
 美容外科でも骨を切るのが得意になります。
 (私は骨を切る手術はしていませんが…)
      ■         ■
 形成外科から美容外科を志し、
 転向しようとした時に、
 形成外科の知識は役に立ちます。
 美容外科しか知らない先生との…
 一番の違いは、
 キズがトラブルになった時の対処です。
      ■         ■
 キズを治すプロである形成外科医は、
 美容外科手術でトラブルになったキズを治せます。
 手術後に…
 もし万一トラブルになったとします。
 二重埋没法と…
 ヒアルロン酸やボトックス注射、
 包茎手術しか知らない先生は、
 トラブルに対処できません。
 形成外科でキズの処置をしていると…
 どうしたら治せるか?
 わかるようになります。
      ■         ■
 また、ふつうの美容外科では、
 手術用顕微鏡は使いません。
 私のように、
 マイクロサージャリーに慣れた形成外科医は、
 たとえ老眼になっても、
 顕微鏡という強い武器があります。
 細かさとキレイさでは、 
 若い先生の肉眼に勝てます。
      ■         ■
 世の中には、
 どんなにわがままな望みでも、
 はい承知いたしました
 手術をいたします
 と聞いてくれるのが美容外科だと…
 勘違いされている人がいます。
 美容外科でもできない手術はあります。
      ■         ■
 美容外科で手術をしてもキズは残ります。
 できない手術はできません。
 技術力だけでは解決できないこともあります。
 どこまでやっても大丈夫で、
 これ以上やると危険だというのは、
 いろいろなトラブルを見たことがある、
 形成外科医の方がよく知っています。
 また形成外科専門医でも、
 医療事故は起こします。
 形成外科出身だからと安心もできません。
 難しいところです。

“形成外科医としての強み”へのコメント

  1. あねご より:

    7月に貴院で眼瞼下垂症手術を受けたました。3ヵ月経過しましたが、おかげ様で傷のトラブルもなく順調に経過しています。
     手術後の傷の腫れを見た人には「他で手術をした人に比べ随分腫れが少ないね」と言われました。仕上がりも自然です。
    手術中は、何かと気にかけて声をかけてくれましたし、手術後の傷の診察も毎回丁寧にしていただきました。
     美容形成の世界で医療事故を回避するためには、信用できる医師かどうかを患者の立場でも、判断することが必要だと思います。大手チェーンの病院と、この病院のように個人で経営している病院を各カウンセリングをうけて、とちらが真剣に正直に考えてくれるかで、病院を選ぶ事をお勧めします。
     けしてすぐに、手術をすすめたり、短時間で終わりますというような事をいう病院ぼはすぐに決断しないことが良いのではと、自分の経験で学びました。
     また、何かありましたら、是非この病院でお世話になりたいと思います。本間先生はじめ、看護師さん、事務の方々皆さんありがとうございました。どうぞお元気でお過ごしください。
      

  2. メガネ より:

    「実直なんだけど、世渡りはうまくない」
    「誠実なんだけど、組織という中で立ち居振る舞うには甘いところがある」

    一方で、
    「決して世渡りはうまくないけども、実直そのものだ」
    「組織という集団の中での立ち居振る舞いはぱっとしないけども、人間性は誠実そのものだ」−。

    あなたが本当に困ったこと(病気になった。人間性関係で困った等。)があった場合、どちらのかたに頼りますか?
    どちらのかたを信用しますか?

    こういう問い掛けに直面した場合、人は、どちらを選ぶでしょうか???

    この問いに対する答えを自分で見いだす際、テレビ番組上での「神の手」や「スーパードクター」という宣伝文句は、重要な判断材料に、必ずしもならない、ということに、もう私たちは気付かなければならない時代にあります。

    テレビ、雑誌等のマスメディアは、私たちを、幾重にもいざないます。

    最終的な判断は、自分自身の目と耳と感性で、判断しなければ、本当の満足を得られない、そんな時代に私たちは生きています。

    正直者がばかを見る、という言葉があります。
    これは、患者さんだけの話ではありません。
    患者の世界も、医者の世界も、サラリーマンの世界も、みんな同じく存在しています。

    「お天道様」は見ています。

  3. くくるん より:

    創傷治癒の知識が基本にあるのはかなりの強みですよね。顔なんかだと傷がなるべく目立たなくなるような工夫が出来ますし。
    手術用顕微鏡、ネットで調べました。高いのだと数千万するんですね。
    普通の美容外科では手術用顕微鏡使わないのですか。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。昔、市立札幌病院で予算がなくて形成外科用の手術用顕微鏡が買えませんでしたかなり高価なのです。ふつうの美容外科にはありません。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ