院長の休日

ネット時代の会計事務所

 2008年12月10日の日記です。
 私は長い間、勤務医でした。
 経理の‘ケ’の字も知りませんでした。
 もちろん、簿記の‘ボ’の字も知りません。
 帳簿の、貸方と借方
 右も左もわかりません。
      ■         ■
 開業して苦労して、
 税務調査で多額のペナルティーを払って…
 少しずつかしこくなりました。
 大部分のお医者さんは、
 自分で開業したり、
 病院の院長になってはじめて経理を勉強しています。
 医は仁術でも
 赤字では病院は倒産します。
 経理の勉強が大切だと、つくづく思います。
      ■         ■
 札幌の会計事務所にお願いしていた時には、
 休診日に……、
 担当職員に出勤してもらい、
 私と家内もクリニックへ来て、
 会計事務所の担当者から、
 会計ソフト(弥生会計)のレクチャーを受けました。
 それはとても勉強になりました。
 おかげさまで、
 会計ソフトを操作できるようになりました。
      ■         ■
 会計事務所にいらしていただくのは、
 とても心強いことです。
 ただ…難点は…
 診療時間中には私が対応できないこと。
 会計事務所の担当者と
 時間を調整しなければならないこと。
 限られた時間内で…
 レクチャーを受けて…
 すべての項目をチェックしていただくのは、
 とても大変なことでした。
      ■         ■
 アトラス総合事務所のすごいところは…
 サーバーにUPしたファイルをチェックしてくださり…
 それにコメントを加えて、
 PDFファイルでサーバーにUPしてくださいます。
 赤ペン先生以上に、
 懇切丁寧に指導が入ります。
 私も担当職員も
 何度でもそのPDFファイルを見ることができます。
      ■         ■
 診療が終わってから…
 深夜にファイルを見て…
 自分で修正を加えることにより…
 経理を学習することができます。
 PDFファイルを作るのは、
 大変な作業だと思いますが…
 アトラス総合事務所の担当者は、
 実に熱心に指導してくださいます。
      ■         ■
 会計事務所にお支払いする経費も…
 今までの札幌の事務所より…
 安くしていただいています。
 セキュリティーが完備した、
 ネット上のサーバーは安心です。
 会計事務所の対応に…
 疑問がある方には、
 ぜひアトラス総合事務所をおすすめします。
 私が保証します。


送られてきたファイル
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ