昔の記憶

JALのリストラ

 報道によると…
 2012年度までの3年間で、
 JALグループ人員の3割にあたる…
 1万5千700人を削減すると書かれていました。
 会社の人間の3割が、
 これから2~3年の間に職を失う…
 考えただけでも…
 『どうなるのだろう…?』
 と思います。
      ■         ■
 私の高校の同期にも、
 家内の友人にも、
 JALの職員がいます。
 私たちと同い年なので、
 55歳と53歳です。
 機長や客室乗務員として、
 豊富な経験を積んだ方たちです。
 会社がつぶれるなんて…
 夢にも思っていなかったと思います。
      ■         ■
 私は48歳で職を失いました
 夜も眠れなくなり、
 これからどうしようと…
 毎日考えました。
 私は職を失った時に、
 うつ病になりかけていた
 と思います。
 幸いなことに、
 私はたくさんの人に助けていただきました。
      ■         ■
 私がうつ病にならなくて済んだのは、
 私を拾ってくださった、
 中央クリニックの社長さんと、
 あたたかく迎えてくれた
 中央クリック新宿院のスタッフの皆さん、
 私を指導してくださった、
 日高士郎先生のおかげです。
 今でも感謝の心を忘れたことはありません。 
 家内にも助けてもらいました。
 毎日、文句ばかり言っていますが…
 あの時のことは感謝しています。
      ■         ■
 もう一つ付け加えると、
 私は大学を追い出されましたが…
 別に…
 手術が下手で追い出されたのでも…
 医療ミスで追い出されたのでもありません。
 英文論文もそこそこ書いていました。
 職を失った時に、
 私に残されたものは…
 医師免許証
 私の経験技術人脈でした。
      ■         ■
 JALの株価がゼロになっても、
 日本航空が築いてきた、
 たくさんの技術やノウハウは、
 必ず役に立つはずです。
 運行マニュアル一つにしても、
 日本の航空会社で、
 JALほど世界中の
 空港を知っている会社はありません。
      ■         ■
 JALの職員として経験を積んだ、
 接客マナーは、
 どこの会社へ行っても役立つはずです。
 リストラという言葉を聞くと…
 どうしても自分の経験と重ねてしまいます。
 職を失うのは辛いものです。
 でも、
 自分の経験を活かして、
 次に素晴らしい仕事ができます。
 会社はつぶれても…
 自分の経験と知識・技術は死なないものです。
 ピンチをチャンスにしていただきたいと
 切に願っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ