昔の記憶

雪国の道路

 札幌も山形も雪国です。
 道路は雪でツルツルになります。
 北国の言葉で…
 アイスバーンといいます。
 札幌駅前通りの歩道は、
 ロードヒーティングといって…
 電気で雪を融かしています。
      ■         ■
 電熱線を道路の下に埋込み、
 そこに電気を通して熱を発生させ、
 それで雪を融かします。
 ガソリンスタンドや、
 マンションの駐車場などは…
 灯油やガスで、
 不凍液を温めて…
 そのお湯を、
 パイプで道路の下に通して、
 その熱で雪を融かします。
      ■         ■
 大雪が降ると、
 融かしきれない雪が…
 シャーベットのようになります。
 幹線道路は、
 除雪と拝雪(はいせつ)をします。
 スタッドレスタイヤが義務化になった…
 20年前頃に…
 幹線道路も
 一部ロードヒーティングになりました。
      ■         ■
 下り坂で…
 止まれなくて…
 事故になるのを防ぐためです。
 雪を融かすには…
 たくさんのエネルギーを使います。
 電気代やガス代がかかるので、
 札幌市内の幹線道路で…
 ロードヒーティングを中止した箇所があります。
      ■         ■
 私が育った田舎では、
 除雪車が来てくれて、
 道路の雪を除雪してくれることを…
 ブルが入る
 とか
 ブルが来た
 と言っていました。
 ブルとは…
 ブルドーザーの略です。
      ■         ■
 交通量が少ない…
 深夜とか早朝にブルが来てくれます。
 大雪が降った朝に、
 ブルが除雪してくれていると、
 雪に埋まらずに学校へ行けました。
 今の札幌は…
 除雪してあるのがあたりまえで、
 除雪が悪いと行政に苦情が行きます。
      ■         ■
 私たちが子どもの頃は、
 長靴を履いて、
 雪に埋まりながら通学し、
 学校へ着いた頃には、
 長靴の中が雪だらけでした。
 その長靴をストーブの周囲に置いて、
 ぬれた靴を乾燥させたものでした。
      ■         ■
 1月は一年で一番寒い季節です。
 雪国で暮らす私たちは…
 寒い冬をじっと耐えて…
 あたたかい春を待ちます。
 雪は大変ですが、
 雪のおかげで豊富な水が…
 山に蓄(たくわ)えられます。
 日本も寒い冬の時代ですが、
 必ずあたたかなが来ます。
 今はじっと耐えてがんばりましょう。
 さくらんぼさんからいただいた写真です。


 山形の道路
 (2010年1月15日)

 果樹園の風景
 (2010年1月15日)

 果樹園の風景
 (2008年5月17日)

 紅玉(アップルパイ用リンゴ)の花
 (2008年5月6日)
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ