院長の休日

銀行からの電話

 先日、帰宅すると…
 家内が浮かない表情で…
 『北洋銀行○○支店、
 融資担当の△▽さんから電話があった。』
 『支店の統廃合でお聞きしたいことがあるって…』
 『夫は帰りが遅いので…』
 『ご用件を承(うけたまわ)ります…』
 と家内が話したそうです。
 銀行の融資担当者は、
 『本人に直接お話ししますので』
 『こちらへお電話ください。』
 『5時までです』
      ■         ■
 私の帰宅時間は、
 早くて21:00過ぎ。
 平均22:00頃。
 遅いと23:00~24:00です。
 一日の業務が終了した後で…
 電子カルテの内容をチェックします。
 追加や捕捉をするのに…
 約1時間程度かかります。
 その後でメールの返事を書いています。
      ■         ■
 その日は、
 22:00過ぎに帰宅して、
 銀行の番号へ電話をかけました。
 緊急のご用件がある方は…
 0120-○○○-○○○
 へおかけください。
 と案内の音声が言ったので…
 そちらへかけました。
 男性が出て、
 こちらは北洋銀行ではありません。
 委託されたセンターです。
      ■         ■
 北洋銀行○○支店の○○さんから、
 至急電話をするように言われたので、
 ○○さんへ連絡をしてください。
 とお願いしました。
 残念なことに…
 夜間の委託されたセンターでは、
 そのようなサービスはしていないようでした。
 結局、
 支店の融資担当者には連絡できませんでした。
      ■         ■
 私は銀行から融資を受けています。
 つまり借金をしています。
 毎月しっかりお支払いしていますし、
 今まで返済が遅れたこともありません。
 生命保険にも入っていますので…
 もし私が亡くなっても…
 融資が焦げ付くことはありません。
 毎日、夜遅くまで…
 一生懸命働いて借金を返済しています。
      ■         ■
 私のように…
 一生懸命に働いている、
 中小企業の社長さんは、
 5時までに電話して!
 と言われても…できません。
 聞いたこともない…
 銀行の融資担当者から…
 突然電話が来ると驚きます。
      ■         ■
 今日は休診日だったので…
 朝早く、その担当者へ電話しました。
 電話の内容は、
 支店の統廃合により、
 書類に署名・捺印が必要だということでした。
 私の子どもと同年代の…
 一流大学を出た、
 その担当者に説教をしました。
      ■         ■
 あんたね。
 病院から電話があって…
 本人にしか言えない
 って言われたら…
 どう思う…?
 俺、この間受けた検査…
 何かやばかったかなぁ…
 そう心配しないか…?
      ■         ■
 ふつうの人はね。
 ちゃんと借金を返していても…
 融資担当者から電話が来て…
 電話くださいとか言われると…
 心配するよ…
 銀行の都合で統廃合をして、
 書類にはんこが必要だったら、
 電話なんかしないで送ってよ!
 本人にしか言えないって言われると…
 奥さんも心配するんだよ!
      ■         ■
 一流大学でも、
 銀行の新人研修でも…
 中小企業の社長の気持ちは、
 教育しないようです。
 銀行のマニュアルには…
 個人情報なので、
 本人以外には話さないように!
 と書いてあるのでしょう。
 私のような怖いおじさん説教で、
 中小企業の社長の気持ちがわかる
 行員になって欲しいものです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ