医学講座

目の上のくぼみ③

 私は形成外科医として、
 30年近く働いています。
 今は、体力的に無理ですが…
 昔は12時間以上もかかる手術をしていました。
 交通事故や労災事故で…
 顔の骨がバラバラになってしまうほど、
 ‘壊(こわ)れる’ことがあります。
 シートベルトの普及で…
 交通事故による顔のケガは激減しました。
      ■         ■
 顔の骨は、
 脳を守る頭蓋骨と違って…
 薄い骨でできています。
 特に目を入れる骨…
 [眼窩(がんか)といいます]は薄く、
 鼻の近くの骨は、 
 卵の殻程度の厚さしかありません。
 顔の骨は、
 比較的簡単に折れてしまいます。
      ■         ■
 下の患者さんは、
 私が経験した顔面骨骨折で、
 一番重症だった方です。
 眼科の先生から…
 左目(向って右側)は、
 失明すると言われました。
 失明する可能性もあったため、
 左目の骨は治しませんでした。
      ■         ■
 レントゲン写真に骸骨(がいこつ)が写っています。
 これを3D-CT(スリーディー・シーティー)といいます。
 20年前に、
 この3D(スリーディー)を撮れるのは、
 限られた施設しかありませんでした。
 北大の先生にも応援に来ていただきました。
 朝からはじめた手術が終了したのが…
 午後11を過ぎていました。
 顔の骨がすべて壊れていました。
      ■         ■
 一回目の手術が終わって、
 失明すると言われていた…
 左目の視力が回復しました。
 斜視も残っていました。
 眼球が陥没していて、
 目の上もくぼんでいました。
 壊れていた骨[眼窩(がんか)]をなおし、
 軟骨移植をしました。
      ■         ■
 神経が麻痺していて、
 斜視になっていました。
 20年前に、
 札幌医大眼科を受診しました。
 担当してくださったのは
 大庭先生でした。
 私は…
 この時にはじめてボトックスというのを知りました。
      ■         ■
 大庭先生はボトックスで、
 斜視を治してくださいました。
 患者さんは、
 ようやく正常にものが見えるようになりました。
 ボトックスだけで治ったのには…
 大変驚きました。
 大庭(おおば)先生は、
 昨年、札幌大庭眼科を開業されました。
 札幌市西区八軒にあります。
 今でも大庭先生に感謝しています。


受傷直後です

一回目の手術後です

目のくぼみを治しました。
斜視は大庭先生に
ボトックスで治していただきました。
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ