医学講座

顔面骨骨折④

 私が医師になった30年前には、
 交通事故による顔面骨骨折が、
 かなりありました。
 シートベルトも2点式で
 (飛行機の座席ベルトのよう…)
 古い車の後部座席にはついていませんでした。
 タクシーに乗って…
 ベルトをすることもありませんでした。
      ■         ■
 自動車のフロントガラスも…
 部分強化ガラスという、 
 壊れると…
 粉々になるガラスでした。
 交通事故になると…
 その細かなガラス片で…
 顔中キズだらけになりました。
 エアバッグなんて…
 もちろんありませんでした。
      ■         ■
 30年の間に…
 シートベルトは3点式となり、
 急ブレーキを踏んだだけで、
 自動的に巻き取られる
 急ブレーキ連動シートベルト
 なんてのもあります。
 シートベルトは顔や命を守ってくれます。
      ■         ■
 フロントガラスも、
 2枚のガラスの間に
 透明のビニール膜をはさんで…
 強度を高めた…
 合わせガラスになりました。
 そのため…
 事故に遭っても…
 ガラス片によって
 細かいキズがたくさんできたり、
 失明がすることが減りました。
      ■         ■
 30年前には、
 形成外科医の数も少なかったので…
 卒後6年目で…
 地方病院のトップになりました。
 私が一番顔面骨骨折の手術をしたのは…
 釧路労災病院形成外科でした。
 当時は土曜日も外来がありました。
 唯一の休日は日曜日でしたが、
 日曜日にも回診の当番がありました。
      ■         ■
 病院の横に宿舎がありました。
 救急車が来ると…
 ピーポーピーポーの音が聞こえました。
 明日は、
 長い定期の手術があるので…
 呼ばれないといいなぁ~
 と思うときに限って…
 病院から呼ばれました。
      ■         ■
 顔の骨がグチャグチャになっていて、
 骨だけではなくて…
 涙小管(るいしょうかん)や
 鼻涙管(びるいかん)という…
 涙を流す管(くだ)が切れていることもありました。
 骨の手術よりも、
 この涙の管(くだ)の手術が大変でした。
 グチャグチャのキズの中から、
 管の端を見つけて縫うのが大変でした。
      ■         ■
 1㎜もないような細い管に…
 シリコンのチューブを通して、
 その端を顕微鏡で縫いました。
 この処置をしないと…
 涙が流れないので…
 ちょっとした風が当たっても、
 すぐに涙で視界がぼやけます。
 朝まで緊急手術で…
 そのまま次の日の手術が…
 午前9時開始なんてこともありました。
      ■         ■
 形成外科専門医になるには、
 必ず経験が必要なのが顔面骨骨折です。
 さくらんぼさんからのご質問です。
 骨格を変えると…
 声が変わりますか?
 骨格を変えても…
 声は変わりません。
 声の手術をしているのは、
 元京都大学形成外科教授の
 一色(いっしき)先生です。
 日本では数少ない声の形成外科です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ