院長の日記

さだまさしコンサート20102010年9月13日

 昨夜、さだまさしさんの
 コンサートに行ってきました。
 前回が2008年3月16日(日曜日)でした。
 17:00開演で、
 終演が20:00でした。
 3時間途中休憩なしで、
 歌とトークを楽しませていただきました。
      ■         ■
 昨日は、
 特別ゲストとして、
 ヴァイオリンの長井明さんが、
 いらしてくださいました。
 長井さんは旭川出身。
 東京藝術大学卒業。
 現在はカナダのバンクーバー交響楽団
 終身名誉コンサートマスター。
 カナダにお住まいです。
      ■         ■
 「まっさん」の音楽と語りも最高でしたが、
 長井さんのヴァイオリンとの共演が、
 素晴らしかったです。
 さだまさしさんは、
 1952年4月10日生、58歳。
 私より2つ年上です。
 どうして…?
 あんなに元気なんだろう~?
 と思いました。
      ■         ■
 昨日のコンサートでは、
 昨年末にお父様が89歳で亡くなられたこと、
 大正9年生まれで
 最期は、
 大腿骨骨折でケガをしたのが、
 弱ったきっかけになったこと。
 …などをお話しくださいました。
 思わず、自分の父親を思い出しました。
 高齢者は、
 ケガが命取りになります。
 あわてずあせらず急がない
 のが大切です。
      ■         ■
 友人の、
 高名なお坊さんが50歳で、
 がんで亡くなったことも、
 お話ししてくださいました。
 私の知っている大学教授が、
 急死したことと重なりました。
 50代という年齢は、
 どうしても身近にが多くなります。
      ■         ■
 さだまさしさんのコンサートを聴いて、
 元気をいただきました。
 人生には、
 辛いことが多いそうです。
 「まっさん」も、
 たくさんの辛いことの中で、
 締め切りに追われ…
 がんばっていらっしゃる様子が、
 伝わってきました。
 56歳の私もがんばらねばと思いました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ