医学講座

赤ちゃんの肌に保湿

 平成26年10月2日、
 朝日新聞の記事です。
 保湿、アレルギー防ぐ効果? 
 皮膚の防御機能守る 国立成育医療研究センター発表
 生まれた直後から皮膚の保湿を続けることで、アトピー性皮膚炎だけでなく、食物アレルギーなどのアレルギー疾患の発症を抑えられる可能性があると、国立成育医療研究センターが1日発表した。皮膚の防御機能が守られ、アレルギー疾患につながる原因物質が体内に入るのを防ぐためとみている。
 同センターで生まれ、アトピー性皮膚炎になった家族がいる118人の赤ちゃんを、1日1回以上全身に保湿剤を塗る子と、ほとんど保湿剤を塗らない子に、くじ引きで半分に分け、生後約1週から32週まで経過をみた。この結果、アトピー性皮膚炎になったのは、保湿剤を塗った子が19人、塗らなかった子が28人で、塗った子はアトピー性皮膚炎の発症リスクが32%低かったという。また、アトピー性の湿疹がある子とない子を比べると、湿疹がある子の方が卵アレルギーを発症している割合が高かった。
 アトピー性皮膚炎は、皮膚の乾燥などによって防御機能が壊れ、アレルギーの原因物質が体内に入りやすくなって起きるという説が有力だ。アトピーを入り口に、食物アレルギーやぜんそく、花粉症に移っていくと考えられており、保湿でアトピーを防ぐことで、その後のアレルギー疾患の発症も抑えられるのではないかとしている。
 センターの大矢幸弘アレルギー科医長は「今後、より大規模な研究を長期的に行い、アレルギー疾患を完全に予防できる治療法につなげたい」と話す。(岡崎明子)

 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 北海道新聞など他紙でも取り上げています。
 私は正しい治療だと思います。
 形成外科医から見ると、
 赤ちゃんの皮膚はとても薄いです。
 同じ程度の傷なら、
 思春期より、
 赤ちゃんの時がずっと目立たないです。
      ■         ■
 赤ちゃんの肌はとてもすべすべしています。
 すべての女性のあこがれの肌です。
 でも、
 中にはがさがさ肌の赤ちゃんがいます。
 ちょっと軟膏を塗ってあげると、
 とてもよく治ります。
 軟膏の選択が大切です。
      ■         ■
 注意していただきたいのが、
 ステロイド軟膏です。
 大人の軟膏を、
 そのまま赤ちゃんに使うと、
 強すぎます
 赤ちゃん用のステロイド軟膏があります。
      ■         ■
 赤ちゃんの肌はとても薄いので、
 すぐに傷つきます。
 爪がのびてくると、
 ちょっと爪があたっただけで傷になります。
 保湿してあげると、
 皮膚がかゆくなくなります。
 かゆくなくなると、
 傷つくことも減ります。
      ■         ■
 私は市販のワセリンだけもいいと思います。
 医療機関で処方するなら、
 ヒルドイドローションもいい選択だと思います。
 ステロイド軟膏は、
 おむつかぶれなど、
 炎症が強い時だけ使います。
 私が使う時には、
 赤ちゃん用のステロイド軟膏、
 キンダベート軟膏です。
 それをワセリンで薄めて使います。
 それでちゃんと効きます。
 赤ちゃんの肌トラブルは、
 皮膚科専門医を受診してください
 まちがっても、
 なんちゃって美容皮膚科には行かないでください。
20141003

(以上、朝日新聞より引用)
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ