医学講座

美容外科を上手に利用2014

 私のように、
 形成外科の勤務医を長くした医者でも、
 ♡美容整形♡とは無縁でした。
 どんな人が整形するのか
 興味もありませんでしたし、
 女優さんの名前すらよく知りません。
 (今でもTVを見ないので知りません)
      ■         ■
 形成外科から美容外科
 2007年3月27日の院長日記です。
 恩師の大浦武彦教授は、
 形成外科と美容外科は車の両輪のようなもの。
 形成外科を専攻するからには
 美容外科も勉強しなければならない。
 と常におっしゃっていらっしゃいました。

      ■         ■
 当時の私は、
 美容外科医になるとは夢にも思っていませんでした。
 北大病院に勤務して、
 先輩や同僚と楽しく仕事をしていました。
 ちょうど自分の子供が生まれ、
 自分の子供と同じ年齢の赤ちゃんの手術を担当させていただき、
 少しでもキレイに治したいと努力していました。

      ■         ■
 私が美容外科に興味を持ったのは、
 2007年3月2日に書いたコラーゲンの臨床試験の担当を命じられてからでした
 教授からは、美容外科は形成外科以上に厳しい結果を求められる。
 患者様の対応にも十分留意するようにと指導を受けました。
 当時、担当させていただいたコラーゲンの患者様のことはよく覚えています。
 私の率直な印象は
 『こんなにキレイな方なのにどうしてコラーゲンでシワなんかとるの?』でした。

      ■         ■
 私も最初は、
 こんなにキレイな方なのにどうして
 率直な感想でした。
 今は違います。
 まめにお手入れをしているから
 いつまでもおきれいなのです
 どんなに立派な家でも、
 手入れをしないと傷みます。
 人間の肌も同じです。
      ■         ■
 有名な女優さんの生涯を
 若い時から順に放送することがあります。
 ある時点から、
 目の形が変わったり、
 シワが減ったりしています。
 うちの奥さんは私以上によく観察しています。
 美容外科を上手に利用なさると、
 同年代の方より若く見えます。
 私はいいことだと思って仕事をしています

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ