医学講座

社内の飲み会の準備は仕事?

 昨日の院長日記、
 2016年10月8日、朝日新聞の記事、
 死んでしまいたい
 電通の女性新入社員自殺
の続きです。
 電通では、
 社内の飲み会の準備をする幹事業務
 新入社員に担当させており、
 「接待やプレゼンテーション
 企画・立案・実行を実践する重要な訓練の場
 と位置づけている。
 飲み会の後には「反省会」が開かれ、
 深夜まで先輩社員から細かい指導を受けていた。

      ■         ■
 酒が飲めない私は、
 病院の宴会や飲み会が苦手でした。
 特に毎年12月は、
 連日忘年会がありました。
 一次会だけならまだしも、
 二次会→三次会は過酷でした。
 あっ
 先生また寝てる

 …とよく言われました。
      ■         ■
 大学の忘年会幹事は、
 優秀な同期にお任せして、
 私はもっぱら写真係りをしていました
 写真係りは飲まなくてもいいし、
 どうせ本間は飲めないからで許されました。
 いい医局でした。
 今でもだいたい一次会で帰ります。
      ■         ■
 電通の新入社員、
 高橋まつりさん(当時24)は2015年12月25日、
 住んでいた都内の電通の女子寮で自殺
 高橋まつりさんも、
 私と同じで宴会が苦手だったのかも?
 そんなことを思ってしまいました。
 担当部署の人数が14人から6人に減り、
 新入社員に宴会の幹事までさせるのは過酷です。
 接待やプレゼンテーション
 企画・立案・実行を実践する重要な訓練の場とは思いません。 
 心からご冥福をお祈りしています。
20161009

高橋まつりさんの遺影を掲げて記者会見する母親の幸美さん
=東京・霞が関の厚生労働省(以上、朝日新聞より引用)
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ