医学講座

第39回日本美容外科学会(京都)③

 学会は勉強の場です。
 旧知の先生と情報交換の場でもあります。
 医学は日々進歩するので、
 たとえ美容形成外科医でも、
 勉強を続けないとダメだと思います
 京都の第39回日本美容外科学会でも勉強しました
      ■         ■
 学会初日の続きです。
 特別講演
 黒色を呈する皮膚病変の鑑別
 -ダーモスコピーの補助的診断への重要性-
 中川秀己
 (東京慈恵会医科大学皮膚科学教室)

      ■         ■
 美容外科学会なのに、
 どうして皮膚科の先生が講演?
 しかも、
 黒色を呈する皮膚病変
 肌の若返りの勉強じゃなくて、
 皮膚腫瘍の勉強なの?
 …なんて思わないでください。
      ■         ■
 女性がとても気にする、
 お肌のしみ
 ちゃんと勉強した先生にかからないと、
 大変なことになります。
 はっきり言って、
 学生時代に皮膚科をまじめに勉強しない人がいます。
 そんな人がお金もうけをしたくて、
 なんちゃって先生になると悲劇が起こります。
      ■         ■
 中川先生のところには、
 悪性黒色腫をしみと誤診された患者さんが来院されます。
 ちゃんと診断する機器(ダーモスコピー
 診断する目
 診断する能力、 
 …がない医師

 レーザー屋さんがすすめるままに、
 もうかる機器を買うことがあります。
      ■         ■
 レーザー機器でやけどはよくあります
 あとが残ることはありますが、
 命を落とすことはありません。
 中川先生のご講演で、
 悪性黒色腫をしみと誤診して、
 亡くなられた30代の方がいると聞きました。
 訴訟になったら100%医療者側が敗訴です
      ■         ■
 東京慈恵会医科大学皮膚科学教室
 中川秀己教授と、
 第39回日本美容外科学会長の出口正巳先生は、
 鹿児島ラサール高校で同級生だったそうです。
 出口先生の人脈で、
 とても素晴らしいご講演をを聞くことができました。
 昔はなかった黒や茶色のしみが、
 顔や身体にできたら、
 保険診療でダーモスコピーを受けてください。
 無料相談の、
 なんちゃってはダメです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ