医学講座

脂肪吸引をやめた理由

 美容外科医を辞めようと思う時
 2016年10月28日の院長日記です。
 私だけではなく、
 他の美容外科医も、
 美容外科をやめよう
 …と思う時があるようです。
 美容外科医の悲哀
 美容外科医は、
 決して楽でもうかる仕事ではありません。
      ■         ■
 私は目の手術が好きです。
 自分には何の責任もないのに、
 生まれつき目が細くて小さいと
 損をします
 ちびまる子ちゃんに出てくるキャラクター、
 みぎわ花子さん
 永沢くん(永沢君男)
 二人とも目が小さいです。
      ■         ■
 目の手術は繊細です。
 0.1㎜でも左右差の原因になります。
 眉の位置
 眉の動き、
 おでこのしわ
 黒目の大きさ
 まつ毛の向き
 顔全体の左右差、
 とにかくよく見ながら手術をします。
      ■         ■
 手術用顕微鏡を使って、
 62歳でも職人の技を生かしています
 同じ美容外科手術でも、
 脂肪吸引は違います。
 0.1㎜の誤差は許されます。
 脂肪吸引は体力勝負です。
 超音波を使った機器など、
 最新の機器を使っても疲れます。
      ■         ■
 脂肪吸引で一番大切なのは、
 事故を起こさないこと
 死亡吸引
にしないことです。
 目の手術が0.1㎜の時計職人だったら、
 脂肪吸引は身体の彫刻家です
 余っている皮下脂肪を、
 脂肪吸引の管で彫刻します。
      ■         ■
 彫刻の時に、 
 間違って管をお腹に突き刺すと、
 死亡吸引
 脂肪吸引を一日に2件もやると、
 右手も左手もくたくたになります
 ふつうは、
 利き手の右手で脂肪吸引管をがっちり握ります。
 左手で脂肪をがっちりつかみます。
 左手でつかんだ脂肪層に右手の管を入れて吸引します。
      ■         ■
 手もとが狂って、
 お腹に突き刺すとアウトです。
 範囲が広いと、
 だんだん疲れてきます。
 脂肪吸引の手術ビデオを見ると、
 術者の術衣が汗だらけになっていることがあります。
 大変だなぁ~と思います。
 62歳には無理です。
      ■         ■
 一番こわい合併症は、
 脂肪塞栓しぼうそくせんです
 吸引でこわれた脂肪のつぶが、
 肺につまってしまいます。
 大腿骨骨折などで起こることがあります。
 脂肪吸引でも起こる可能性があります。
 こんなことをHPに書いている美容外科はないと思います。
 脂肪注入で、
 目の血管に脂肪が入って失明もあります
 簡単に細くなれると思うととんでもないことになります。
 裁判事例もあります
 私が脂肪吸引をやめた理由です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ