医学講座

食事変えただけで

 平成28年10月30日、朝日新聞朝刊、
 男のひといきへの投稿です。
 食事変えただけで
 昨年の人間ドックで、コレステロール値や尿酸値などの項目で「イエローカード」が出た。体重も前年より3キロ増えた。再診で医師から「薬を処方するまでではないが、運動をし、酒はやめるように」と言われた。
 酒をやめるのは嫌だが、運動ならできると思い、休日や長期休暇中の空き時間を使ってウォーキングをやった。だが週に数回では、全く効果はなかった。
 今年4月、元同僚が転勤してきて再び一緒に働くことになり、驚いた。がっちりタイプだった彼がスリムになっていたのだ。「どうやって?」と問うと「食生活を変えた」の一言。それしかやっていないという。
 すぐに、飲食量をコントロールすることにした。昼はご飯を少なめにし、コンビニで買うおにぎりは三つだったのを二つに。ラーメンは大盛りをやめた。夕飯の際の発泡酒はできるだけ2缶にとどめ、それ以上はノンアルコールビールに。もったいないと思ってすべて食べるようにしていたが、それもやめた。
 今年8月の人間ドック。驚いたことに全ての数値は標準値になり、体重も2.5キロ減となった。これほど体のことで変化があったのは初めてだ。同僚の実践伝授に感謝したい。
 (静岡県牧之原市 池ケ谷八州志 高校教員 59歳)
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 とても参考になります。
 飲食量をコントロールすることにした。
 昼はご飯を少なめにし、
 コンビニで買うおにぎりは三つだったのを二つに。
 ラーメンは大盛りをやめた
 夕飯の際の発泡酒はできるだけ2缶にとどめ、
 それ以上はノンアルコールビールに。
 もったいないと思ってすべて食べるようにしていたが、
 それもやめた。

      ■         ■
 なるほど
 …と思いませんか?
 もったいないと思って
 すべて食べる

 お気持ちはとてもよく理解できます。
 でも、
 自分の健康が一番大切です。
      ■         ■
 つい先日、
 私がお聞きしている、
 NHKの実践ビジネス英語
 次のような会話がありました。
 We are what we eat, and what you eat for breakfast can determine what kind of person you’ll be for the rest of the day.
 食べたものが私たちの体を作るのですから、朝食に何を食べるかによって、その日1日の調子が決まることがあるのです。
 食生活が大切です
 静岡県牧之原市の池ケ谷八州志先生、
 いいお話しをありがとうございました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ