院長の休日

新幹線トンネル口は札幌・北6西10

 平成29年8月25日、北海道新聞朝刊の記事です。
 新幹線トンネル口は札幌・北6西10地上走行1キロ
 2030年度末の開業を目指す北海道新幹線札幌延伸で、札幌―新小樽(仮称)間に設けられる「札樽トンネル」(約26キロ)の札幌市側の出入り口が、中央区北6西10に設けられることが分かった。新幹線が旅客を乗せて札幌の地上を走るのは、在来線に沿って、札幌市の所有地に造られる高架の約1キロ区間となる。
 建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)が8月23日夜に札幌市内で開いた住民説明会で、「新幹線は石山通をくぐって、すぐの(在来線脇の)緑地帯(中央区北6西10)で地上に出る」と明らかにした。機構によると、札樽トンネルは新小樽駅側から手稲山を貫き、札幌市手稲区西宮の沢付近から札幌市街地に入り、函館線に沿って建設する。
 地上(高架)区間の一帯は住宅が多く、北大も近いことから、機構は「高架を騒音が起きにくいよう設計するなど、騒音や振動の環境基準値を下回るようにする」と説明した。
 機構は札幌駅の新幹線ホーム位置問題を巡っては、一部で浮上している地下案について「JR北海道と位置を検討している中に地下案はない。建設費用がかかる上、(在来線との)乗り換えも不便だ」との認識を示した。

(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 新幹線の記事です。
 私のマンションのすぐ近くで地上に出るようです。
 ちょうどお地蔵さんのあたりです
 毎日楽しんでいる花や木が無くなるのが残念です。
 でも新幹線が通るのだから、
 諦めなければなりません。
      ■         ■
 もともとJR函館本線があった敷地です。
 北側に高架ができたので、
 空地となりました。
 そこへ緑を植えて、
 歩行者用通路にしました。
 フジの花
 桜も咲きます。
 新幹線開通だから諦めます。
 私の地域でも9月に住民説明会があります。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ