医学講座

役に立つ数学の勉強

 今日は2018年12月14日(金)です。
 今年も残すところあと2週間です。
 ほんとうに災の年でした。
 昨日の院長日記、 
 簿記の勉強をすすめますに、
 あれだけ高校や予備校で勉強したのに、
 医者になってから役に立つ数学はありません。
 数Ⅲなんて、
 すっからかんに忘れてしまいました。

 …と書きました。
      ■         ■
 数学を教えてくださった先生にごめんなさいです。
 医学部で受験で覚えた数学を使うのは、
 統計学くらいです。
 でも役に立っていることはたくさんあります。
 確認するという習慣です。
 注意一秒、ケガ一年
 2010年1月4日に書いた院長日記です。
      ■         ■
 医学部の入試で難関の数学。
 私も苦労しました。
 数学は一問の配点が大きく、
 最後のさいごに、
 プラスとマイナスの記号を間違っただけで、
 ゼロ点になります。
 その一問で不合格になります。
 できた!
 …と思った問題でも確認することが大切です。
      ■         ■
 私は慎重な人間です。
 指差確認しさかくにん
 …という言葉が好きです。
 美容外科医は臆病者であれ
 リスクがある治療はやめました
      ■         ■
 受験の数学が直接役立つことは少ないですが、
 受験勉強は将来も役に立ちます。
 最後まであきらめないは、
 私の座右の銘です。
 受験生の頃に、
 旺文社の大学受験ラジオ講座で、
 数学の勝浦捨造先生が繰り返し述べられたお言葉です。
 若者には無限の可能性がある
 受験生にがんばっていただきたいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ