医学講座

私を風俗から遠ざけた医学教育

 性教育の続きです。
 私の院長日記で、
 意外とヒットしているのが、
 私が風俗へ行かない理由
 2009年12月2日の院長日記です。
 私が風俗に行かない理由は、
 札幌医大で受けた教育のおかげです。
      ■         ■
 私は真面目な医学生でした。
 講義は前から2列目くらいで聴いていました
 サボったことはなく、
 途中で教室を出て行くこともしませんでした。
 一浪してもあこがれの北大(医)には行けませんでしたが、
 札幌医大はいい大学だったと今でも思います。
 医学教育に情熱を持った先生がいました。
      ■         ■
 梅毒について私が衝撃的な教育を受けたのは、
 細菌学の講義でした。
 細菌学は、
 医学部の細菌学講座と、
 附属病院の中央検査部の講義がありました。
 私がはっきり記憶しているのが、
 札幌医大病院中央検査部永井龍夫先生の講義です。
      ■         ■
 永井龍夫先生は真面目な先生でした。
 講義はわかりやすく、
 将来医師として役立つことをたくさん教えてくれました。
 附属病院の細菌検査室で、
 たくさんの検体を検査するのが仕事です。
 64歳になった今でも、
 臨床で役立つことを教えてくださいました。
      ■         ■
 永井先生の講義で、
 梅毒のことを習いました。
 先生が講義で、
 梅毒の末期だという…
 女性の写真を見せてくれました。
 この女性は…
 すすきので女王と呼ばれた人です。
 女王だった面影どころか、
 顔の形もわからないくらいの写真でした。
      ■         ■
 私が性教育が大切だと思うのは、
 自分が受けた教育のためです。
 天国みたいなところ
 …だから行こうょ!
 …と誘われても行きませんでした。
 私を風俗から遠ざける教育をしてくださった、
 札幌医大病院中央検査部の永井龍夫先生に感謝しています。
 他のことでも永井先生の講義はとても役に立っています。
 永井龍夫先生ありがとうございました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ