昔の記憶

40年ぶりの寒さ

 今年の冬は40年ぶりの寒さです
 札幌はまだ寒いです。
 今年は札幌雪まつりは寒かったです。
 海外からいらした方たちも、
 思わぬ寒さに驚いたことと思います。
 明日(2019年2月11日)で雪まつりも終わりです。
      ■         ■
 ふと40年前のことを考えてみました。
 40年前は1979年です。
 昭和54年でした。
 私は札幌医大の学生でした。
 学部3年目なので、
 通称、学3がくさんと呼ばれていました。
 4月からは、
 学部4年目で、
 学4がくよんになります。
      ■         ■
 今でも同じ呼び方かどうかわかりません。
 学4がくよんになると、
 毎日お医者さんのような白衣を着て、
 聴診器を首からぶら下げていて、
 とてもかっこよく見えたものです。
 私は学4がくよんになっても、
 まだ将来の道を決めていませんでした。
      ■         ■
 昔は学4がくよんになって、
 病院実習があって、
 各科を回って、
 実習の後にはレポートを書いて、
 そんな毎日でした。
 レポートが大変でした。
 当時はワープロもPCもなく、
 すべて手書きでした。
      ■         ■
 内科実習のレポートが一番大変でした。
 特に厳しかったのが、
 第二内科だったと記憶しています。
 札幌医大の第二内科は循環器内科です。
 レポートやサマリーを書くのが苦手でした。
 その頃には、
 自分は内科医には向いていないと思うようになりました
 学生時代には数々の失敗があります。
      ■         ■
 産泊さんぱく
 …というお産の実習で倒れました。
 教室で、
 『本間、産泊で倒れた』
 …と有名になりました。
 親切な産婦人科の先生が、
 『本間くん、ぎねに来ないか?』
 …と誘ってくださいました。
      ■         ■
 ぎねというのは、
 産婦人科のことです。
 和製ドイツ語です。
 赤ちゃんが産まれるのは感動です。
 実習で倒れた私でも誘っていただきありがたかったです。
 私は癌で患者さんが亡くなる科は無理だと思って、
 産婦人科はあきらめました。
 婦人科の癌で患者さんが亡くなりました。
      ■         ■
 いろいろ考えて選んだのが、
 形成外科でした
 誘ってくれたのは、
 同級生の福岡誠二先生でした。
 二人で北大形成外科に行きました
 福岡先生は脳神経外科医になり、
 私だけが形成外科医になりました。
 40年前の思い出です。
 寒かったことは忘れました

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ