医学講座

まぶたの再建2019

 大阪で開催された、
 第30回日本眼瞼義眼床手術学会
 実に内容が充実していて、
 いい学会でした。
 学会長の、
 大阪回生病院眼科の今川幸宏先生に感謝いたします。
 形成外科学が進歩した2019年でも、
 まぶたの再建は難しいです。
      ■         ■
 形成外科医は、
 生まれつきの病気の子どもたちを手術しています。
 唇顎口蓋裂など口唇や顎の骨の病気、
 手の異常、
 耳の異常、
 この30年の間に進歩しました。
 難しいのがまぶたの再建です。
      ■         ■
 特に難しいのが、
 自然に動くまぶたを再建することです。
 昨日の院長日記に書いた、
 先天性無眼球症は、
 生まれつき眼球がない病気です。
 まぶたはあります。
 まつ毛も生えています。
      ■         ■
 ところが、
 眼球がないために、
 そのまま成長を続けると、
 眼窩がんかという骨が成長しません。
 まぶたも小さいままです。
 アツザワプロテーゼ九州の、
 光安哲人さんが製作してくださったような、
 拡張器を目があるべき場所に入れないと、
 骨が成長しません。
      ■         ■
 われわれ形成外科医は、
 手術で治すのは得意ですが、
 拡張器のようなプロテーゼは作れません。
 作る道具も材料も持っていません。
 私が市立札幌病院に勤務していた頃に、
 目の悪性腫瘍で、
 眼球を摘出した子供さんがいらっしゃいました。
      ■         ■
 患者さんとご家族のご希望は、
 たとえ見えなくてもいいので、
 (他人から見て)
 違和感のない目にしてほしい
 …というご希望でした。
 残念なことに、
 文献を調べても、
 学会で発表を聞いても、
 いい解決法がありませんでした。
      ■         ■
 義眼を入れるスペースを上手に作るのは難しいです。
 関西医大形成外科の小川豊名誉教授が、
 義眼床手術研究会を設立されたのは、
 ちょうど私が市立札幌病院で患者さんを診た頃でした。
 生まれつき眼球がない赤ちゃんも、
 眼球を摘出した子どもさんも、
 義眼がうまく入って、
 (他人から)自然に見えるまぶたをつくりたいです。
 日本眼瞼義眼床手術学会が発展することを祈っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ