わきが

レーザーによる中学生のわきが治療

 昨日の院長日記、
 中学生のわきが治療2019の続きです。
 私が2019年5月16日に、
 日本形成外科学会で発表した、
 1540nmエルビウムグラスフラクショナルレーザーを用いた腋臭症治療です。
 残念なことに、
 レーザー治療は手術にはかないませんでした。
      ■         ■
 ただ1540nmエルビウムグラスフラクショナルレーザーによる治療で、
 アポクリン腺が破壊されることがわかりました
 病理組織学的に汗腺が破壊されていました。
 問題なのは、
 皮膚の奥深くにあるアポクリン腺までは、
 レーザーの熱エネルギーが届かず、
 アポクリン腺を全滅させることはできないことでした。
      ■         ■
 中学生などで、
 まだアポクリン腺がそれほど発達していない時期に、
 レーザー治療をすると、
 においが改善する可能性が考えられました。
 あざのレーザー治療は、
 皮膚が薄い赤ちゃんによく効きます。
 アポクリン腺の治療は赤ちゃんでは無理ですが、
 においが気になる思春期の子供さんには、
 効く可能性が考えられます。

      ■         ■
 多感な中学生や高校生の時代に、
 においで悩むのはつらいことです。
 いじめの原因にもなります。
 アポクリン腺が未発達な時期に、
 レーザー治療を行うことで、
 においが軽減する可能性があります。
 わき毛がまだ少ない、
 中学生のわきの皮膚は大人より薄いです。
 アポクリン腺が浅い層にしかないので、
 レーザーが効きます。
 アポクリン腺が発達しても再照射ができます。

      ■         ■
 残念なのは保険適応にできないことです
 私が生きている間には無理だと思いますが、
 将来は保険適応で中学生のわきがレーザー治療ができるといいと思います。
 札幌美容形成外科の1540nmエルビウムグラスフラクショナルレーザーの他に、
 ミラドライによる治療でも、
 大人より中学生が効く可能性が考えられます。
 もっと治療単価が安くなって、
 複数回治療でも経済的負担が少なければ、
 子供のわきが治療に向いていると思います。
 エビデンスがない本間仮説です。

アポクリン腺の発達
中学生のアポクリン腺の層は薄い
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ