二重・眼瞼下垂

私は眼瞼下垂でした

 今日は2019年7月12日(金)です。
 札幌の天気は曇り、
 夜には雨の予報です。
 東京など本州では雨の日が続き、
 冷夏の予想だそうです。
 昔、冷夏でお米がとれなくて、
 タイ米を食べた記憶がよみがえりました。
 山形のさくらんぼさんの果樹園が心配です。
      ■         ■
 先日、昔の写真を整理していて、
 昔の自分を見つけました。
 48歳の時には、
 自分は眼瞼下垂症だと思っていませんでした。
 私の眼瞼下垂を最初に診断してくださったのは、
 松尾清先生です
 日本熱傷学会でお会いしてお話しした時に、
 『先生にもありますょ』と教えてくださいました。
      ■         ■
 私が48歳の時の写真を見ると、
 今だったら眼瞼下垂症手術をすすめると思います。
 当時から、
 長距離運転が苦手になっていました。
 学会の前の席で、
 スクリーンを見るのがつらくなっていました。
 自分では気づいていませんでした。
 もし自分が聖路加国際病院形成外科で
 大竹尚之先生に手術をしていただいてなければ、
 今ごろはかなり重度の眼瞼下垂症になっていたと思います。
 大竹先生に感謝しています。

2003年 48
2010年12月1日に手術をしていただきました
20101201_pre2
20101201_pre3
デザインです
20101201_po1
手術直後
24時間後です
48時間後です
7日後です
4週間後です
2年後です
201311201
3年後です

20141201-po4y

4年後です

20151201

5年後です
↓裁判がはじまり顔つきが変わりました

20161208_-po6y

6年後です

64歳(8年後です)
白髪が増えました
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ