わきが

わきが手術後のしわ

 2018年3月に移転してから、
 わきが手術を再開しました
 何年ワキガ手術をやっていても、
 難しい手術だと思います。
 患者さんによって治りかたが違います。
 肥厚性瘢痕ひこうせいはんこん
 …という赤いキズになる人もいます。
      ■         ■
 わきが手術は、
 わきの皮膚を薄く削る手術です。
 アポクリン腺を取って、
 毛根も取ります。
 皮膚を傷つける手術です。
 当然、皮膚は薄くなります。
 上手にケアーをしないと目立つキズが残ります。
      ■         ■
 難しいのが、
 ワキガ手術後にできるシワです。
 人間の皮膚も革かわです。
 皮膚がやわらかいのは、
 下に脂肪や血管があって、
 汗や脂が出るからです。
 年齢とともに皮膚がしわしわになるのは、
 皮脂が足りなくなることが原因の一つです。
      ■         ■
 わきが手術で皮膚を薄く削って、
 汗腺を切除すると、
 皮膚は硬くなります。
 そのまま放置すると、
 濡れた後のブーツのように、
 しわしわになって硬くなります。
      ■         ■
 キズ痕のケアー
 10年前の院長日記に書いてあります。
 ブーツに革用クリームを塗って…
 新聞紙などを詰めて、
 ピンと伸ばしてあげると…
 また柔らかくなります。
 人間の皮も、
 ブーツの革も同じです。

      ■         ■
 ここからが企業秘密です。
 札幌美容形成外科では、
 わきが手術の後に、
 わきをスポンジで圧迫してもらいます。
 シワができないように、
 キズが赤い肥厚性瘢痕にならないようにするためです。
 このスポンジが問題です。
      ■         ■
 試行錯誤の結果、
 テンピュールスポンジのような、
 とてもいい素材を見つけました。
 手芸店で購入して、
 札幌美容形成外科の職員が加工して、
 滅菌してお渡ししています。
 そのスポンジの在庫がなくなりました。
 手芸店に問い合わせたところ、
 もう販売していませんでした。
 いろいろ探してようやく見つけました。
 これでわきが手術後のケアーが安心してできます。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ