昔の記憶

大浦憲子様ご逝去から6年

 今日は2019年11月19日(火)です。
 11月19日は、
 私の恩師大浦武彦先生の奥様、
 大浦憲子さまの命日です。
 毎年ラ・フランスの時期になると、
 大浦先生の奥様からいただた、
 お礼状を思い出します。
      ■         ■
 私がはじめて大浦先生の奥様と親しくお話しをしたのが、
 1980年6月18日(水)19日(木)に開催された、
 第6回日本熱傷学会
 第1回国際熱傷学会アジア太平洋地区会議
でした。
 私は25歳の新入医局員で、
 熱傷のことはさっぱりわからず、
 学会で担当したのが、
 来賓の奥様たちの観光ツアーの写真係でした
 今から約40年前です。
      ■         ■
 25歳の私が写真係。
 大浦武彦先生が49歳。
 奥様の憲子様が44歳でした。
 はじめて大浦先生の奥様を見た時、
 なんて上品できれいな方なんだろう
 …と思いました。
 今でもよく覚えています。
      ■         ■
 奥様の告別式
 大浦先生が涙声で、
 結婚以来ほんとうに幸せだった。
 毎日作ってもらったお弁当が、
 美味しくてありがたかった。
 今は毎日コンビニのお弁当です。
 憲子が作ってくれるお弁当をもう食べられないと思うと、
 ほんとうに残念です。
 ほんとうにありがとう。
 …とあいさつされました。
      ■         ■
 大浦先生の涙を見たのは、
 この告別式がはじめてでした。
 あれから6年です。
 大浦武彦先生は今年米寿を迎えられました
 今もお元気でご活躍中です。
 今日、大浦先生にお電話をしました。
 お元気でした。
 大浦武彦先生には奥様の分まで、
 お元気で長生きをしていただきたいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ