医学講座

目立つきずあとと後遺症診断

 今日は2021年1月14日(木)です。
 札幌は雪です。
 湿った雪です。
 道路も少しとけています。
 こんな雪は重くて歩きにくく、
 除雪も大変です。
 私は家にいます。
      ■         ■
 新型コロナの患者数が増えています。
 何とか収束させたいです。
 11都府県に緊急事態宣言が出ています。
 熊本県のように、
 県独自で緊急事態宣言を出すところもあります。
 私は用心するに越したことはないし、
 県独自で出すのもいいことだと思います。
      ■         ■
 私の院長日記は、
 醜状しゅうじょうの続きです。
 目立つきずあと
 きずあと
 …を治すのが、
 私たち形成外科の役目です。
 今の日本の制度ではやりにくいことがたくさんあります。
      ■         ■
 後遺障害診断書
 2008年8月16日の院長日記です。
 この後、2010年5月27日に京都地裁で
 労災で顔に傷、補償に男女差は「違憲」
 …という判決がでたので、
 2011年2月1日に改定されました。
 平成23年2月1日の厚生労働省労働基準局長通達、基発0201第2号、外貌(上肢及び下肢の醜状を含む。)の醜状障害に関する障害等級認定基準の改定
 …残念ですが時代遅れの認定基準です。
      ■         ■
 2011年2月の厚生労働省通達には図はありません。
 下の図は、
 労災補償_障害認定必携
 監修_厚生労働省労働基準局
 著者名:労災サポートセンター
 出版社:労災サポートセンター
から引用しました。
 厚生労働省通達にあるのは、
 わかりにくい言葉だけです。
      ■         ■
 著しい醜状 7級12号
 顔面については、鶏卵大面以上の瘢痕又は10円銅貨大以上の組織陥没
 相当程度の醜状 9級16号
 顔面部の長さ5センチメートル以上の線状痕
 醜状 12級14号
 顔面部については、10円銅貨大以上の瘢痕又は長さ3センチメートル以上の線状痕

 これが基準です。
 顔に大きなきずが残るとかなりのダメージですが、
 残念なことに等級は低いです。
      ■         ■
 私が形成外科医になって40年です。
 下の図のような、 
 著しい醜状の後遺障害はありません。
 著しい醜状を治したことはあります。
 1936年に決めた基準は時代に合いません。
 交通事故の後遺障害等級も、
 労災の後遺障害等級に合わせて決められます。
 時代遅れの障害等級認定基準は変えていただきたいです。

国が決めた「著しい醜状」です
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ